ガーリックブレッド

 それっぽい味付きのパンを焼いてみたくなったのです。それで

塩         5g
コンソメ      3g
砂糖        20g
マーガリン     20g
フライドオニオン  20g
ガーリックスライス 10g
牛乳        120g
水         130g
強力粉       300g

としました

garlic01.jpg 
何とうまく膨らんでくれません。コンソメに塩分があるので、塩気が多すぎたかな。でもそれにしてもこれは・・・・
(ガーリック)ニンニクには、殺菌力があるとあったような、それでイーストの働きが抑制されたのだろうか。

それでも、食べるとおいしいです。バターを塗っただけでも、味わいが深いです。

garlic02.jpg 

ということで

上の配合から塩は無し、その代わりにコンソメを7g ガーリックスライスを3gとしました

garlic03.jpg 
なかなかうまく行くではないですか。でもガーリックの量を増やしたい。

ガーリックが粉砕されなければ、イーストに与える影響も少ないのではないか。それではナッツ投入タイミングでガーリックスライスを入れればよいのではないか。

ということで更にガーリックスライスは10gに戻して
garlic04.jpg 

コネの工程が終わってからのナッツ投入タイミングでガーリックスライスを投入

そうしたら
garlic05.jpg 
なかなかうまくゆきました。

我が家のホームベーカリーは自動投入機構がありませんから、そのタイミングで人手が必要なので辛い所はあるのですがね。


↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ
コメントもお待ちしています。
スポンサーサイト

100均の包丁を研ぎ直す

菜っきり包丁が欲しくなったのです。と言って高価なものを買う気にはなれない。
nakiri01.jpg 
それで100均です。ただ流石に切れ味が悪いです。

nakiri02.jpg 

こんな刃の断面をしています。切る刃の部分が鈍角すぎます。

刃の断面をデフォルメして書くとこんな感じです。

hasaki00.jpg 

刃全体がテーパーになっていて先端近くで曲面で肉をとり、その先を緩い角度でつないだという所です。

それを上の図の右の赤い線の様に研いでやれば、片刃に近く鋭角な刃にできると思うわけです。

nakiri03.jpg 
粗砥石、中砥、仕上砥と3種類を使って研ぎました。

nakiri04.jpg 
上の図とは左右が逆ですが、おおむね計画通りになっています。


nakiri05.jpg nakiri06.jpg 
 出来上がりは見た通りです。切れ味も良くなりました。

100均なればこそ、物は試しも気楽に出来ます。


↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメントもお待ちしています。

電気がまをスロークッカーに

スロークッカーって流行りだし、よさそうですよね。
朝出かける前にセットしておいて、夕方家に戻ったらじっくり煮込んだ料理ができている、なんて。

 それで、以前に炊飯器を定温調理器に改造した時に、温調温度を沸騰直前にしておけば、スロークッカーとして使えるのでは、そう思ったのです。
 ところが試してみると、使っているのが保温ヒーターだけなので、パワー不足で沸騰まで達しないのですよ。メインのヒーターも巻き込んだ制御にすれば良い訳ですが、そうすると切り替えがややこしくなる。
 元の炊飯器機能を損なわないように追加と言う今の望ましい状態から外れていくのです。それで、保温を強化しようかとか、がちがちに切り替えスイッチを入れてみるのはどうかとかいろいろ考えていたのですが・・・・・

 いつものように、炊飯器の機能そのままにおかゆを作ってから甘酒を作っていたのですが、おかゆを作りながら温度変化を見ていました。(甘酒の発酵温度である60℃設定なら、おかゆ調理時は温調器はただの温度表示器になっています)

 おかゆの調理では、40分ほどぐつぐつと弱火の過熱が続いてその後保温(70℃程度)に移行します。
こりゃあ正にスロークッカーではありませんか。
 少なくとも、保温鍋での調理とほぼ同じことをしています。保温鍋は火からおろした後はただ冷やさないようにしているだけだけれど、之なら70℃を何時間でも保ち続ける。

 電気をちょっとは余分に消費するけど、保温鍋程度のことはできる。これは試すしかないということになります。
slowcook01.jpg 
まずは、材料を鍋に 鶏もも肉、ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん あとロリエとか

slowcook02.jpg 
水を適当に入れて(調味料も)赤湯モードで調理開始

slowcook03.jpg 
気がつかなかったのですが、放っておくと灰汁取りできませんねえ?どうするんだろう
ここでは、介入してちゃんと掬いましたけど

slowcook04.jpg 
朝セットして夕方になりました。炊飯器はもちろん保温状態です。

slowcook05.jpg 
美味く炊けているようです。

slowcook06.jpg 
ご覧の様に肉はほろほろになるまで火が通り、野菜も触るだけで崩れるくらいにまでなっています。

こりゃあ上手いことに気がついた。煮込み料理にだいぶ手抜きができそうです。

でも、灰汁取りは本当にどうすればいいのだろう。


↓クリックいただけると励みになります。 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へにほんブログ村 udonbanner.gif男の料理 ブログランキングへ
コメントもお待ちしています。

うるち米でみりんの仕込み?

昨年、一昨年と味醂を仕込みました。半年からい年がかりなのですができたものは、良いものです。
それで今年も仕込もうと用意しかけたのですが、なぜもち米?と言う素朴な疑問が

ではうるち米で仕込んだらどんなものができるの?

ということです。甘酒は、もち米でもうるち米でも作ったことがありますが、出来に大きな差はなかったという知見はあるのですが……

uruchi01.jpg

とにかく試すことにしました。

米を半日浸漬して、15分ほど蒸して、麹とホワイトリカーに漬け込みます。

uruchi02.jpg 

米       500g(3合3勺)
乾燥麹     200g
ホワイトリカー 900㏄

以上です。半年から一年後が楽しみです。

比較対象に

もち米     1kg
乾燥麹     400g
ホワイトリカー 1800㏄

も、仕込む予定です。


↓クリックいただけると励みになります。 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へにほんブログ村 udonbanner.gif男の料理 ブログランキングへ
コメントもお待ちしています。

蛍光灯とLED

 家の中のペンダント照明を蛍光灯からLEDに置き換えてきました。そしてリビングの最もよく使う所も置き換えたのですが、なんだか部屋が暗く感じます。

実のところどうなったのか

ledfcl02.jpg 
ちょっと寄り方が違ったようですが左がLED、右が蛍光灯です。どちらも電球色と言う物です。見た目では分からないのですが写真にするとだいぶ色温度が違うようですね。

そして当然ながら、LEDは下半分しか発光していません。それに対して蛍光灯はまんべんなく光っているはずですね。

そこで、部屋の壁を見ると

ledfcl01.jpg 
LED(左)ではくっきりと、明るい所とそうでない部分があります。蛍光灯ではそれほどではありません。まあシェードの影は出ているようですが。

それで今度は、器具の真下の明るさです。スマホのアプリなので絶対値は当てにならないと思いますが比較はできるでしょう。

ledfcl03.jpg 
 真下はLED(左)の方が明るいようですね

それでは45度ほどずれると

ledfcl04.jpg 
KED(左)の方が暗いという結果になります。

明るさは、真下では一応確保できているものの、指向性があって、真下から離れるほど暗くなる。真横以上になると歴然たる差がある、ということですね。
部屋全体での明るさは真下の明るさより、壁や天井からの反射による間接照明効果が効くので、部屋全体という事になるとかなり暗く感じる/実際暗くなる。

ということですね。

部屋全体という事になると、ペンダントを止めてシーリングライトの方がよさそうですが、そうすると、明るさを確保するにはもっと強力なのが必要という事で、省エネにはあんまりならない。ましてトータルコスト的には、メリットがないという事になってしまうようです。

 まあ手元は明るいという事で、これで良し と しましょうか……


↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメントもお待ちしています。

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード