スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミード

葡萄の絞り汁を置いておくと、ワインというお酒になるのです。
大昔から、お酒として、楽しまれていたようです。
所謂、猿酒ですか。
その次のお酒は、ビールなんですね。
大麦の発芽しかけは、澱粉分解酵素を持っていて
麦の澱粉を糖分にする訳です。
その結果、日本では飴湯だった甘い水に、酵母菌を入れて醗酵させると
ビールになるのですねえ。

砂糖でも、蜂蜜でも糖分を適当に薄めて酵母菌を入れるとお酒になります。
葡萄なんか果実の表面に野生酵母が集まっているので、実を絞るだけで要件を満たして
お酒が出来ます。

その点日本酒は結構ややこしいですね。米を麹で糖に換えて、それを酵母で醗酵させて
アルコールにするのです。まあ、甘酒を醗酵させているということにもなりますが。

それにしても人類はお酒を作るために色々努力してますね。

スポンサーサイト

再び007

007原作も、映画もかなり見ました。
原作と映画の乖離は、どんどん激しくなるんですね。
日本が舞台の「二度死ぬ」もかなり酷いものでした。

原作にかなり忠実で、なおかつ面白かったのは
「サンダーボール作戦」だと思います。

ところで、ボンド氏、変なマティニーに拘ってることになってますが
「カジノロワイアル」という作品では
「バーボンの渓流割り」がお気に召したようです。
バーボンウイスキーの水割りですね。

かなりシンプルです。

007のカクテル

イアン・フレミングの作品に出てくる007:ジェームズ・ボンドさんですが
>酒にはうるさく、「ステアせず、シェイクしたウォッカ・マティーニ」を愛飲する。
まあ、マティニーのベースをウォッカにしろというのはありうるんですが
そのウォッカと合わせるのは、ベルモットですよ。
シェークしたら、泡だらけに成っちゃうじゃないですか。
カクテルで、ワインとか、フォーティファイドワインを使った場合、ステアします。
泡だらけに成りますからね。

カクテルとか

むむ、暑い
昨日書いた、コーヒーとスピリッツというのが何というカクテルかわかってません。
絶対に名前がありそうなんですが。

スピリッツと、レモンジュースと、ホワイトキュラソーを
三分の一ずつあわせて、シェイクする。

ホワイトキュラソーは、「コアントロー」以外は無いと思います。
スピリッツは、

ブランデーだと「サイドカー」
ジンだと「ホワイト・レディ」
ラムダと「XYZ」
ウオッカだと「バラライカ」

そんな名前になりますね。

暑い

もともと、このブログ、色んなうどんを、食べる話を、書くつもりで
作ったんだけど、夏の暑い日に、うどんは食いたくない。

冷めたコーヒーに、砂糖を溶かし、ジャパニーズウイスキーを入れる。
氷を放り込んで、しばしステア、何か似たようなカクテルありましたっけ。

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。