スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンライトのLED化

廊下のダウンライトのLED 化ですが、すでに一部やりました

これが異形蛍光灯のダウンライトです
dl000.jpg 

器具を引きずり出すとこうなります
dl002.jpg 
そこに、LEDドライバーを接続するとこうなってしまいました。VVFがほかの器具に渡っているためにVVF2mm2本と、ドライバーの細い線の3本を閉端で接続することになり、どう見ても信頼性が低いです。
dl001.jpg 
これが、今回使うライトです。元あった器具の枠にこれを取り付けるとうまく収まることは前回の工事で解っています。
dl003.jpg 
まずは、取り付いてきた器具を外してきます
dl004.jpg 左:外してきた器具      中:安定器とソケット部    右:ばらしてみる

dl005.jpg 左:ソケットをばらす     中:渡りの接続部       右:そこにLEDドライバを接続します

ソケットに組み込んであった電子スタータは外します。まれながら他に使うこともできます。

組戻していきます
dl006.jpg 左:ソケット部を器具本体に付け戻します 中:LED本体     右:取り付け金具をつけた所

器具を天井に戻します
dl007.jpg 左:ぶら下げた状態で点灯テスト 中:VVF接続部のカバーも戻します 右:器具を天井の穴に取りつけます、取り付けの抑え金具が見えています。

LED本体を取り付けます
dl008.jpg 左:取付金具をひっかけて  中:反対側の金具もかけて押し込んだら 右:きっちり収まります

そして出来上がり
dl009.jpg 
LEDパネルライトは異形蛍光灯より安価でしたので、球が切れたら交換一択です。

電球色のパネルライトが手に入ったらその方が良かったのですが、まあこれでも明るくなったし、電気代も節約できますから、とりあえず満足です。



↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメントもお待ちしています。
スポンサーサイト

グロースタートを電子スタートに変更

洗面所の照明がどうもうまく点灯しない。グローランプを変えたらちょっとはましになったけれど、それでも点灯に時間がかかるのです。
elestarter02.jpg  カバーは外してあります。

それで思い出したのが、門燈をLEDに交換した時に外した、電子スタータ―です。
elestarter01.jpg  左側についているそれで、下の写真では外してあります。
これに換えたらうまく行くか、そう思ったのですが、よく見ると洗面所は15W門燈は10Wでした。

 そこで次に思い出したのが、廊下のダウンライトをLEDにした時の廃品です。
elestarter06.jpg 

これがダウンライトの蛍光灯器具です。蛍光灯のソケットと一体化して、電子スタータ―が組み込んであります。
elestarter07.jpg 

異形管で17Wの球なのですが、安定器には15W用が使われているので、使えそうです。それでこの基板を外して使うことにします。

ソケットと、グロー管のソケットをばらしました。線を差し込んだだけで接続できる部品で組まれているのですが、線は地獄(組むことはできても外すことのできない構造)なので、ばらばらにしないと線が外れません。
elestarter04.jpg 
そこへ基板をつないで
elestarter05.jpg 
組直します。基板は厚めのポリ袋に入れて、絶縁しています。
elestarter08.jpg 門燈のスタータは、グロー管と置き換えるだけの接続でしたが、この基板は安定器の前の部分との接続が必要なので、圧着分岐端子を使っています。

そして無事点灯しました。
elestarter09.jpg 
 夜ひげをそる時ぐらいしか使わないので、LED化の予定はありません。球も100均で買ったものです。まあそんな球だから点灯しにくかったのかもしれませんがね。


↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメントもお待ちしています。

ラズベリーパイを動かしてみる

 クリスマスツリーのLEDを点滅したりしてみたのですが、単に古典的IC 555 で点滅させただけでした。流石に芸がない。もうちょっと凝った点滅をさせたい、となるとコンピュータ制御ですね。昔は損なの一杯やっていました。当時は、使い慣れたボードと、仕事用の開発システムで、プログラムを開発し・・・・といったことをしていたわけです。

今時自分でボードを起こすことも無いし、開発環境もさぞ、パソコンでできるでしょう。となるとボードコンピュータですよね。今更ながら、ラズベリーパイに挑戦しようと思い立ちました。

使えるものは、ジャンク箱を探って、ディスプレー、キーボード、マウス、電源はあるようです。

それで、ラズベリーパイ本体、マイクロSDカード、HDMI‐VGA変換ケーブル、マイクロUSB電源ケーブルを手配しました。

ここからは「断酒てへ日常」の記事

今朝残りの手配していた部品が届いて早速、セッティングです。
イメージ 1
 まず、必要な部品なんかを集めて、と言ってもジャンク箱を漁ってきただけですが。
イメージ 2
 古いスマホのガードケースを土台にして、とりあえず基板を固定しました。
イメージ 3
 電源を入れたら、あら動くじゃあないの。もちろん、あらかじめソフトはマイクロSDカードに書き込んではあるのですけどね。
イメージ 4
 それで、ネットワークケーブルをつないだらもうインターネットに接続できて、このブログも見れています。
イメージ 5
 いやはや、恐ろしいしい時代になったものですね、ディスプレー、キーボード、マウスを用意しただけで、後8.5㎝×5㎝の基板でコンピュータになってしまうのですからね。今回新しく買ったものは6千円ぐらいです。

ここまで

失敗はHDMI-VGAのつもりがDP-VGAを手配してしまって再手配したこと。5Vアダプタのコネクタが電源コードに合わなくて、不細工な接続になること。(写真はとりあえずスマホの充電アダプタを使っています)

GPIOとの接続はいくらでも余っているIDE接続ケーブルをぶった切って使うことにします。

さてこれからは、プログラムかなあ。Cの場合I/Oライブラリはどうなっているのだろうか。
Pythonの言語仕様は?とか、いろいろ勉強する必要がありますねえ。


↓クリックいただけると励みになります。


コメントもお待ちしています。

クリスマスツリー

25日を過ぎてしまいましたが、、今年はディスプレーを新しくしました。
去年までは


こんなのでした。
点滅回路は
Xmastree01.jpg こんな具合だったのです。

今年は
Xtree201702.jpg 

100均でこんなのを見つけました。抵抗入りLED10個単3二本で点灯です。
Xtree201703.jpg 色も白、黄色、4色混合の3種類を買ってきました。

2~3年前では、この手の物は電球式しか100均では売っていなかったのです。LEDがやすくなったのでしょうね。

それで回路も
circuit2017Xmas.jpg こんな風にしました。

実装も昨年版は
Xtree201704.jpg 
今年は
Xtree201705.jpg 

それで動作状況は


こんな具合になりました。

回路は変わり映えがしないのですが、LED:素子の進化のおかげで、だいぶ見栄えが良くなりました。

ほんとはボードコンピュータで点滅パターンをプログラムしたいのですが、それはまた来年以降の楽しみとします。


↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメントもお待ちしています。

更にLED化


 門灯の蛍光灯が寿命で暗くなっていたので、この際LEDに交換しようと思っていたのです。蛍光灯は普通グロー球と安定器で点灯しますがLED球はどちらもいりません。簡単にはグロー球を外して球を入れ替えるだけで使えます。
 ただ、今回の球のパッケージには、安定器を通さずに使うとさらに6W程度の節電ができるとあります。

 10Wの蛍光灯器具の消費電力が13Wで、このLED蛍光灯が7Wそれからどうしたらさらに6W節電できるのかがわかりませんが、安定器が発熱するのでいくらかの無駄な電力消費があることは間違いないので、省エネにはなるでしょう。

 それで思い出したのが、リビングのペンダントライト。球はLEDに換えたものの、安定器は付けたままです。
イメージ 1
 器具の中を左から右に改造です、右下においてあるのが安定器です。まるで囲ってあるのが安定器を外した後でつなぎ直した部分です。接続は閉端です。
イメージ 2
 我が家のリビングとキッチンです。3つ吊り下げ照明器具があって。右手前が今回改造したもの。残り二つはすでに改造済みLED電球です。

 我が家の照明器具で、使用頻度の高いものは球が切れるのを機に、LEDに交換しています。LED球も安くなってきたし、器具はそのまま改造して球だけ交換なら、だいたい、LEDの消費電力の差で、数年でペイします。

 それで、今回球を買ったのは門燈用なのです。
イメージ 3
 上が球を外したところ、下が改造して球をつけた所です。この器具はグロー球の代わりに電子点灯器がついていました。点灯器を外して球を付けました。この球は、直にLEDチップが見える構造ですが、器具のカバーがあるのでその方が明るくなります。

で、点灯すると
イメージ 4
 左も点灯しているのですがそうとは見えません、LEDに換えたら歴然と明るくなりました、って周りが暗くなったという事もあるのですけどね。

 器具を改造することができると、省エネ、新たな器具などによる資源の浪費を避けれて、エコロジカルに文化生活が送れます。

 電気工事士の資格? ははははは


↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメントもお待ちしています。

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。