スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松林

松がどんどん枯れていくという、話題があります。
海岸なんかで松の美林が枯れていくと言う事なのですが
これは、必然なのです。山火事とかあって、禿山になると、まず松が生えるのです。
松は根元の日差しが良くないと、元気が悪くなりますから、芝刈りをしてもらえない松林は、元気が悪くなります。
松の材線虫というとんでもないやつとか、松喰い虫とか言う甲虫とか出てきて松は散々なのですがでも、松は所詮、引っ込むしかないのです。
日本のような照葉樹林地域では、松林は所詮過程であって、椎とか樫とかその手の樹木が最終的に森を形成するのです。
極相:クライマックスとか言います。
裏の山でも松は枯れていますがまあ必然です。
マツタケが食べたかったら、赤松の下草をしっかり刈りましょう。
スポンサーサイト

夜中に目が醒めたのですが

目を開けても真っ暗。どうしたんだろう。
かなりあせったのですが、時計の文字盤の明かりが見えて
目が見えなくなった訳ではないと理解した。
何のことは無い、台風が来るからと言う事で雨戸を閉めていただけなのだ。
普通は、「街の明かりが」入ってきてまっくらっでは無いのですね。
「街の明かりがとても綺麗ねブルーライト横浜」
石田あゆみさんは私の姉の同級生です。
ちなみにその学校は、大阪府池田市にあって、例の大殺人事件があったところです。
更に言うと、佐治敬三(サントリーCEO)がずっと同窓会会長をやってました。
この人が死んだ後、誰もあとを引き受けたくなかったらしい。
そうそう、手塚治虫もこの学校の出身です。

新型インフルエンザ

いやこの手の話は思いっきり色々あるのですが
我が家の娘の学校が大阪府下で最初に患者が出たとか
2週間休校になったみたいだけど、夏休みが減っただけのようで
碌なことは無いようです。
あれ、そも何が書きたかったんだろう。忘れてしまった。

蝿とか蜘蛛とか

前回足高くんの事を書いたのですが、今時の住宅と言うのは本当に密閉性が高くて、蚊ですらめったに入ってこない。蚊帳なんておよそ必要ないです。
で、なぜかこのリビングに蝿が一匹いる。珍しいことだ。
大昔、トイレが汲み取り式だった時代には、そこらじゅう蝿だらけだった。
天井を見れば何十匹も停まってるし、魚屋さんなんか蝿捕り紙をぶんぶん回しているし、まあそこらじゅうハエだらけだったのが、いまや部屋に一匹ハエがいるだけで気になる時代なのですね。

あ、50年以上前の環境の話です。
我が家は50年程前に、自前の浄化槽で、トイレを水洗にしています。

下水が完備されて自前の浄化槽が不要になったのは、20年程度前のことです。


プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。