木工 ただの箱3

二つ目の箱を作りました。

こんな具合です。

ペーパー掛けしてから、釘を打って
box8.jpg

との粉とオイルステンをかけて
box9.jpg

ニスで仕上げたら
box10.jpg

右:一個目 左:二個目 です。なおニスは左一度塗り、右二度塗りとなってます。
結論から言うと、私は釘を打つのが下手です。突合せで面一を狙っても、わずかの誤差でも
認知できる程度の段差は残る。
だから、面一にぃない構造にするか、後加工で吸収できるようにする。

と言う当たり前のことがわかりました。:p

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

スポンサーサイト

窓の外側に最高最低温度計

ちょっとしたものを作りました。

これですが
ondokei1.jpg

窓の外に、最高最低温度計を設置する枠です。
温度計自体はうん10年前購入したもので、元の台は外れてしまって、アクリの板に
ネジ止めして軒下の洗濯物干しにぶらさげてあったものですが、日が当たるし
揺れたり落ちたりする心配もあるし、見難かったので見やすい北側の窓の外に
固定しようとしたわけです。

ondokei2.jpg
ondokei3.jpg

わかりにくいですが、シャッター型の雨戸のレールにタッピング3本で固定してあります。
レールはアルミの押し出し材で、思ったより丈夫でがっちり固定できました。

うまくできたと思ったのですが雨戸を降ろしてくると
ondokei4.jpg

ストッパー(上に巻き上げた時に、下端を止める部品)と干渉しています。
2階の窓ですし、台風の時でもなければ閉めない雨戸ですから、良しとします。
いざとなったら、ビスナット固定のストッパーをはずせば閉めることができます。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

木工 ただの箱2

先般、合板で箱を作ってみたわけですが、工作の甘さを痛感しました。
家とか家具とかに比べて手にとってしげしげと眺めれるものだと
1mm以下の誤差も結構出来上がりでは瑕疵になるものでした。
それでも、実用上の問題は無いので、このまま使うこととし
塗装なんかもしてみたわけです。
隙間には木工パテを詰めて、との粉を混ぜたオイルステンをかけて、ニスを塗りました。

仕上がりは
box7.jpg

このような風になりました。パテの処理とか、色付けとか何だか問題は多いようです。

それで、同じものをもう一つ作ることにします。
写真の後ろのがそれで、部材を切り出した状態です。
一つ目の問題を意識しながら作ったら、もうちょっとはできの良いものになるでしょうか。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

木工 ただの箱

自分のスキルを測るというか、下手さの程度を見るためにもっとも単純なものを作ってみました。

box1.jpg
box2.jpg

これなんですがね。9mmの合板の端材から部材を切り出して接着剤と釘で組みました。

しかし
box3.jpg
box4.jpg
box5.jpg

こんなものです。
切り出した部材の寸法精度は出ていたので、釘打ちでずれてしまったようです。
精進が必要だと、よくわかりました。

box6.jpg

釘やら何やらの、整理用に使うつもりですが、塗装とかの練習もやってみます。
その成果は、また今度ということで。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。


ある日のモニター

最近は、日が長くなって、6時台でもいくらか発電するようになりました。
私はモニターを2つつないで、なおかつブラウザーのウインドウを2つ開けて
発電状況をモニターしているのです。

この画像ですが
monitor30130417.gif

朝目が覚めてパソコンを立ち上げたところです。
上が経時履歴(今日の実績)、下が瞬時値(現在の状態)です。
発電が0.32kW 消費が0.08kWです。
明るくなって、門灯などは自動消灯しています。室内の明かりも不要です。
それでこの消費電力です。パソコンと2台のモニターは使っています。
パソコンは大体50W程度の消費電力ですから30Wがその他の機器の待機電力の合計となります。
夜の間冷蔵庫にアクセスしませんから、コンプレッサーも止まっています。
午前1時就寝しましたので、それから冷蔵庫のコンプレッサーの運転率も下がっていきます。
そしてこの状態になったわけです。冷蔵庫のコンプレッサーの消費電力は大体200Wです。
昼間は冷蔵庫の扉を頻繁に開け閉めしますから、コンプレッサーの運転率は80%くらい
在るのではないかと思います。
我が家の電力消費は、部屋の明かりと、パソコンの稼働時間と、冷蔵庫の扉の開け閉めが
ほとんどの要因になっています。
機器の待機電力なんかより不要不急の明かりと冷蔵庫これに尽きます。

ところで、今日一日ですが
20130417.gif

こんな、状態で終わりました。曇っていたとはいえ、昼の間ほとんど同じ発電量でした。
こんなこともあるものですね。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ


木工 踏み台

竹の工作だけでなく、木工なんかやってみました。

fumidai1.jpg

88歳になる母が、さすがに足が衰えて、玄関の16cmの段差が辛いようです。
スロープを提案したのですが、いやなのだそうで、高さ8cmの踏み台を作りました。

仕上げは、オイルステインをかけただけです。白木で良いかと思ったのですが、ユーザーが
嫌がるもので、こうなっています。しかしこうしてみると、色はチークを選んだのですが
けやきにするべきでした。

斜めのところに沿わせたはずが、微妙にずれてますね。脚と台も面が合うはずだったのが
なんだかずれています。

手元にあった端材を流用して、やってみましたが、慣れない物で色々と、感じるところです。
こんな工作も経験値を上げないといけないですね。

fumidai2.jpg
fumidai3.jpg

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

竹で立体構造 サイドラック

とりあえず完成状態

rittai5-1.jpg

天板はMDF 300×400×6 です。

まずは、材料の切り出しと、罫書きです。
rittai5-2.jpg

ほぞ孔部分にドリル加工します。
rittai5-4.jpg

ほぞのために切込みを入れます。
rittai5-3.jpg

ほぞを割り出します。
rittai5-6.jpg

ドリルの孔の間を削り落としてほぞ穴を作ります。
rittai5-7.jpg

加工終了
rittai5-8.jpg

表面を研ぎだします。
rittai5-9.jpg

組んでみたところ
rittai5-10.jpg

加工精度が良かったのか、結構きっちりと組みあがりました。
横方向の筋交いだけ追加して、天板を両面テープで固定したら、一番上の写真となりました。

この構造の詳細は、別記事にしたいと思います。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。


新記録

今日はいい天気でした。でも寒かったですね。

それで何がって
30130412.gif

今日の実績です。11時台の1時間累計が4kWを越えています。昨年9月8日設置以来
4kWを越えたのが初めてです。
ピーク発電も4.58kW我が家のカタログ値4.59kWになりました。

しかし、一日の累計最大は

20130311.gif

一月前のこれなのです。ピークは低いけど、平均が高いですね。この日は霞んだような
快晴でした。それに対して、今日は空は澄んでいたのですが、雲が少し飛んでいました。

今日は気温が低かったので発電効率は高かったようですが、天気が完全に雲ひとつ無い
と言う状態ではなかったわけです。

日間最高の3月11日は雲は無かったものの澄み渡った空じゃなかったし
今日より太陽高度も低かったのです。
すべて最適な条件にはなかなかめぐり合えないですね。

出来高は全くのお天気任せ、やきもきしても仕方が無いことです。

クリックいただけるとうれしいかも↓

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ

竹で立体構造 椅子

以前記事にした物にちょっと手を入れました。

rittai4-1.jpg

こんな感じです。

前回紹介の時点は
rittai3-8.jpg

こういう状態だったのですが、表面を研いで、下の横桟を追加。それと座面の荷重を分散させるための
部材をつけました。
かなりそれらしくなりました。

筋交いとか補強部材はタッピングビスで留めているのですが、タッピングも種類があって

neji.jpg

トラスタッピング 4×10 左が2種、右が3種 です。
下穴をあけているので有効ネジ長さが長く先端が飛び出してもとがっていない3種の方が望ましいのですが、
残念ながらホームセンターでは手に入りにくいみたいです。

現在は4×12 2種を使っていますがさぞかしそのうちに効かなくなってポロポロと
落ちていくのでしょうね。そうなると、ビス+ナットに交換することになります。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

パンの耳cooking まとめ

パンの耳というか、食パンの端っこを貰って、
panmimi1.jpg

それのおいしい食べ方を、色々試してきました。
記事を一覧にしました。7が2つあったり1が無かったりしたので、ちょっと整理して

パンの耳cooking 17 朝食カレー
パンの耳cooking 16 プディング トースト?
パンの耳cooking 15 パン粉
パンの耳cooking 14 夜食
パンの耳cooking 13 パン甘酒
パンの耳cooking 12 パンプディング、スナック
パンの耳cooking 11 ベーコンエッグトースト
パンの耳cooking 10 グラタン2
パンの耳cooking 9 グラタン
パンの耳cooking 8 クルトン(スイーツ)再び
パンの耳cooking 7 ラスク再び
パンの耳cooking 7 おまけ(ポタージュスープ) あらため
パンの耳cooking 6.5 おまけ(ポタージュスープ)
パンの耳cooking 6 クルトンとラスク
パンの耳cooking 5 雑炊
パンの耳cooking 4 失敗
パンの耳cooking 3 フレンチトースト
パンの耳cooking 2 クルトン(スイーツ)
パンの耳cooking あらため
パンの耳cooking 1 スープトースト

貰ったパンはとってもおいしいもので、すぐならそのまま食べても、おいしいし、硬くなっても
トーストすればおいしかったのですが、色々試せて楽しかったのです。
調理の方向としては、

耳の部分はちょっと硬いですから、それを食べやすくする
   10 12 16
耳であること:密度の高い部分という特質を生かす
     11 17
それ以外
 6.5 13 14 15

こんな感じに分類できるかなと思います。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード