HB:ホームベーカリーを評価する

使い始めた頃は、そんなに頻繁に使わないと思っていたのですが
HBbs4.jpg

そこそこに焼けるとわかると、人にあげることも増えて、
結構焼く回数が増えました。2~3日に1回は使っているでしょうか。

うどんも作るようになりましたし。

HBbs3.jpg

取扱説明書にあるレシピも大体試して、アレンジも少しずつし始めました。
水の量はかなり微妙な違いでも焼き上がりに大きな差が出ます。

HBbs2.jpg

それにしても、パラメータが多いというか、それぞれの材料の多寡が効いては来ると思うのですが
それがどう効くのか今一わからないところです。

HBbs1.jpg

(なお適当にパンの写真を入れていますが、記事とはあんまり関係ありません
結構頻繁に焼いて、それぞれ違いがあると言う程度です)

金尺を写しこんでいるのは膨らみ具合を端的に数字で量れるからです。

ホームベーカリーでのアレンジの本も結構あるようです。
図書館でちょっと借りてみました。
HBbook.jpg

副材料を色々帰るだけのようなのが多くて、大して参考にはなりません。

以前の記事で機能上の不満なんかも書いたのですが、結論として
HBは使えると思いました。
気温が極端に変わったりしない限り:つまり昨日の今日なら、ほぼ同じものが焼けます。
つまりレシピが、確定したら、材料を放り込んでスイッチオンだけで4時間もしたら
きれいにパンが焼けています。

色々な付加機能がついていても使うのは一番の基本機能ということです。
もともとそのための機械ですから、それでいいようです。

メーカーによっては連続動作以外に、各動作単体を使うモードもあるようですけど
まあめったに使わないでしょうd。
単純に食パンを一斤なり1.5斤焼くだけか、あとは生地をこねて一次発酵までやってもらって
後は手で整形してオーブンで焼くと言う使い方でしょう。

それには安物で十分事足ります。新品で5千円くらいですね。

それでも、メニューごとの ねかし/発酵/焼き上げ の 各時間
     焼き色の 濃い/ふつう/淡い の 温度
     容量の 一斤/1.2斤 の 違い

くらいは知りたいところではあります。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。



スポンサーサイト

麹と味噌そして自家製食品

今年は何回も麹を作りました。
毎回米2合分ずつですが、味噌を作り甘酒を造り塩麹にもしました
真夏にも作りました。

まあ今日も出来上がったのですが
misotokouji.jpg

写真左が、麹です。
それから今年の初めに仕込んだ味噌を使い始めることにしました。

味噌は米と大豆から作りました。
パンも最近は小麦粉から作っています。
うどんも手打ちにしました。ラーメンは実験中です。

何でもかんでもとは行かないものの、二次加工食品は結構自家製が増えてきました。

手がけたものは
主食では パン、うどん
肉類でベーコン、ソーセージ、ハム
魚では干物に燻製類
調味料では味噌、塩麹、ウスターソース、味醂
酒ならワイン、ビール、どぶろく

まあやって見たの類が多くて、自家消費を全部賄えるわけではないです。
今賄えているのはパンとうどんぐらいです。味噌は当分自家製でいけそうです。
まあ別に食品添加物を目の敵にしているとかそんなわけでもないですが
素性がわかったものの方が気持ちはいいですしおいしいですね。
保存性とかは劣りますから変質による問題は、自己責任の範囲ですが。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

おかもち

最近ヤードに作業台を作り、そちらで木工をすることが多いのですが、2階の住まいから
工具など持って降りるのに、何かと不便で適当な入れ物がほしかったのです。
まあ練習ということで

こんなのを作って
okamochi1.jpg

オイルステンを塗って
okamochi2.jpg

ニスをかけました
okamochi3.jpg

9mmの合板で釘で箱を作ったのですが
okamochi4.jpg

以前に小さな箱を作った(手前の2つ)時、釘を打つのが下手なことを
思い知らされました。今回もちょっとはましにはなったかなという程度です。
釘を打つのは玄翁を振るう手加減に腕が要求されますね。
まあ、ぼちぼち経験値を上げておきたいと思います。

それでまあこんな風に、使うわけでして
okamochi5.jpg

こっちはちょうど収まりがいいですね。
okamochi6.jpg

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

お昼の麺類

昼食は麺類と決めていまして、このところ写真を撮っていたので
適当に紹介します。

トムヤムクン風ラーメン
noodle1.jpg

鶏がらスープにチンゲンサイ、もやし、ベーコンを入れて、トムヤムクンペーストで
味付けしました。麺は市販の茹で麺です。またベーコンも市販品です。

手打ちうどんで鍋焼きうどん
noodle2.jpg

手打ち(HB)うどんを前夜のトン汁の残りで煮込んで、卵とねぎを追加したものです。

万願寺入りのラーメン
noodle3.jpg

赤く熟した万願寺を鶏がらスープに入れました。ちょっと唐辛子味です。
トッピングはジャガイモ、ベーコン、ゆで卵

担担うどん
noodle4.jpg

鴨のガラからスープを取ったのですが、そのガラからこそげ取った身を唐辛子ねぎみそで仕立てて
手打ちうどんに乗せました。卵の黄身が崩れてしまって残念な写真になりましたけど
結構なものでした。

普通の焼きそば
noodle5.jpg

キャベツ、たまねぎ、豚肉で味付けはとんかつソースです。
いつもは、モヤシ、たまねぎ、豚肉で味付けは醤油、トッピング無しなのですが
今日に限って、「普通」になってしまいました。

↓クリックいただけると励みになります。
第23回 麺(統一版)ブログトーナメント - グルメブログ村
第23回 麺(統一版)ブログトーナメント
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

ゴミ入れの塗装

整形と塗装をして、完成です。

マスキングとか
trushb4.jpg

横棒とか先端とかは角を取りました。

塗装しているところです。
trushb5.jpg

ポスターカラーにとの粉を混ぜて、下塗りをし研いでからニスを二度塗りしました。
ダイソーで買ってきた茶色のポスターカラーなのですが、思ったより赤みが強いです。

組み上げたところです。
trushb6.jpg

ダボは横棒に接着剤をつけて差し込みましたが後は差し込んだだけです。
ネジはM4 25mm と袋ナットです。

使用形態です。
trushb7.jpg

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

ゴミ入れ

大物の本棚を製作中なのですが、塗装の面積が広い分ぼちぼちやってます。
それで、ちょっとわき道にそれて、小物を作ってみたのです。

レジ袋を引っ掛けて使います。
trushb1.jpg

塗装はまだです。

これには、竹製の前作があります。
trushb2.jpg

素材そのものの扱いを、練習していた時に作った物です。思いがけずうまく行っているので
基本設計そのままに、材料を木にして見ました

これが寸法などのメモです。
trushb3.jpg

メモでは9mmの合板を使うことになっていますが、切り出して気が付いたのですが
12mmの合板でした。まあそれで組んでしまいました。

竹の試作品では上下非対称だったものを対称にしてあります。
袋が引っかかる飛び出し部、横棒との接続はダボをつかっています。
塗装して仕上げれば竹の試作品よりは、まともなものに見えそうです。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

HB検証フランスパン

せっかくいろいろな種類のパンのメニューがある訳ですから
食パン以外も試そうということで

フランスパン
HBfrance1.jpg

機械の取説どおりのレシピです。
冷水         210cc
バター(マーガリン)  5g
塩           5g
強力粉        250g
薄力粉         30g
ドライイースト     2g

イーストのえさ(砂糖)無しでいいの?と思ったのですが、フランスパンとはそういうものだそうで
HBfrance2.jpg

それなりには膨らんだようです。

切って見ると
HBfrance3.jpg

密度の高い、しっかりしたパンです。これはこれでおいしかったです。
ここで言う「フランスパン」というのがどんなものか、よく知らないから
どうなのでしょうか、上の部分の焼きが足りないような気もしますね。
膨らまないから、熱が届かないのですかね。
焼き色を変えたほうが良かったかもしれません。

残るメニューは、米粉パン、全粒粉パン、ですが別の材料も用意しないといけないし
特に食指も動かないから、とりあえずおいておきます。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。


玄関灯のLED化

玄関の電灯の球が切れました。ここ2年毎日3時間ほど点灯していたのです。
中身はツイン蛍光管 FDL13EXLでした。
entlite.jpg

取り外した器具です。

ベースはこんな具合です。
entlite2.jpg

それで、電気屋へ行ったわけですが、まず元付いていた球は1000円でした。
中国製のLED球で40W相当485ルーメンというのが420円で売っていました。
もうこれを使うしかないです。
球を購入した後、ホームセンターでラジオソケットなる物を購入して

取り付けも何も
entlite3.jpg

元の取りくけ用スタッドボルトに平行単線ケーブルの弾性で引っ掛けてただけです。

点灯してみれば
entlite4.jpg

輝点がずれていますが、要は明かりがあることと、器具の下のほうにある鍵穴が確認できればいいので、十分です。

元の蛍光灯は消費電力19Wです。このKEDは6.8Wですから、毎日3時間1年で13.3kW省エネにもなっています。
このケースは点灯時間、球のサイズから損しようの無い結果です。
室内にはペンダントライトがいくつもあって、順次サークラインが切れていくので、LEDに交換とか思うのですが
必ずメリットがあるかと言うと、そうでもないですね。

この記事は

 修理、保全、リメイク 001  ブログトーナメント - 主婦日記ブログ村
 修理、保全、リメイク 001  ブログトーナメント

上記トーナメント優勝記事です。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

HB検証8

相変わらずなのですが、機械をふと見ると

こんな痕があります。
HBm3.jpg

発酵で膨れ上がった先端が、天井まで達していたようです。

これは、これを焼いた時のようです。
HBb33.jpg

一斤の粉の量なのですが

水   180cc→190cc
バター 10g →12g
砂糖  17g →20g
スキムミルク 6g→10g

と、変更した結果です。一斤の粉で1.2斤以上に膨れたわけです。
当面、このレシピで朝食用のパンを焼くことにしています。

それで、そのままちぎって食べたり
HBb36.jpg

ちぎったものをトーストしたりで
HBb37.jpg

満足しています。

ちなみに、材料費原価は90円くらい

いつも買っていた安物の食パンは89円ですけど、美味しさは全然違いますね。
購入品は6枚切りを一日一枚の消費だったのが、自家製だと美味しいから
一斤でも3~4日で食べきってしまうということはあるのですが。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

手元スイッチ

たまには電工もします。本来私は電気屋なんですけど、最近は料理や木工ばっかりですね。

材料など
switch1.jpg

左から キャップ付きコード
    コードコネクタボディ
    ペンダントスイッチ
    圧着丸端
    圧着工具

平行コードの途中を切って、端子を圧着します。
switch2.jpg

組みあがり
switch3.jpg

接続部
switch4.jpg

圧着端子を使うと、線をよじり合わせたりするのに比べて、仕上がりがいいですね。

実は、圧着工具の中古を安く見つけて、買ってあったのを使いたかっただけです。

使い道はこれの運転停止です。
switch5.jpg

ヤードに持ち出すと、何かと不便を感じていたわけです。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

HB考察

朝食パンを焼いて、焼き立てを楽しんでいたのですが
木工工酒をやっている時に、母からパンが切れたとの声が。

まあそれで、材料さえ放り込んでスイッチを入れておけばいいわけですから
二つ返事を返したわけです。
それで、材料をパンケースに放り込んでいって、最後イーストを量ると、足りないのです。
3g投入すべきところが2g弱しか無いようです。

それでも、対策を考えてスイッチを入れました。
ほぼ4時間の行程のうち3時間が過ぎて、焼きに入る所で、中を見ると、発酵行程による
ふくらみが足りないようです。(予想通り)

そこで、パンケースを取り出して、オーブンレンジに入れました。
そして発酵:約20分、それでしっかり膨らんだようですので、HBに戻して追い焼き:40分
(ここはオーブンで焼いても良かったかとは思いますが)

それで
HBb35.jpg

変わり映えの無い画像ですが、要はうまく焼けました。

ここで、発酵時間xx分延長という機能がついていたら、手間は無かったのにと思ったわけなのです。
さらに、こね、寝かし、発酵、焼き上げ、それぞれの時間調整もできたらいいと思いますし
さらに各行程単独の動作モードもほしいところです。
表示やスイッチの追加を許すなら、設定値の記憶、呼び出し、オリジナルメニューの登録も
考えられます。
まあ安物の機械なので、こんなものかとも思ったのですが、もっと高価な一流メーカーの機械でも
そのような機能はついていないようなのです。
そんなにしっかり調べたわけではないですし、付いている機械もあるかもしれませんが
パナソニックの高給そうな2機種の取扱説明書をダウンロードしてみたのですが、無いようです。

いくら機能をつけても使う人はいなくて、スイッチ一発の使い方しかされないということでしょうか。
別に、ハードウエアを追加しなくても実装できるものもありますし、原価を上げずに、高機能化できる
いい手段だと思いますがね。

余分な操作を増やすと、誤使用によるクレームが増えるということでしょうか。
取扱説明書の書き方は、工夫が必要な気はしますけど…

しかし、近年の家電製品の高機能化の風潮から言ったら、かなり賢いものも作れそうなんですけど。
たとえば、パンケース内の記事のふくらみ具合で、発行時間を制御するとか
焼け具合で、焼き上がり時間を制御するとかね。

どうも取扱説明書のレシピを見ても横並び的な気配が見えていて、メーカーも力が入ってないようです。
一番凝ったのが、米用のミルがついたものがありましたか?
どうも、私の望む製品と方向性が違うようです。

これは、ばらしてリバースエンジニアリングの上機能追加ですかね。
中身のプログラムソースと書き換えようのツールがあればスマートに行きますけど
そうも行かないし、ハードだけ再利用するには今曲がりなりにも使えるだけに
そこまでする気にはなりません。同一機種の格安中古にもう一度行き当たったら…
それでも買うかなあ・・・・・・・・

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。




HB検証7

検証というより、ルーチンになってきて割と頻繁に食パンを焼いています。

水の10ccだけで焼き具合は変わる物ですね。

いずれも強力粉250gなのですが

水170cc
HBbread8.jpg

水180cc
HBbread10.jpg

水190cc
HBb33.jpg

これはちょっと、副材料も若干増やしてはいるのですが、わずかのことで違うものです。

それで、焼き立てをちぎって食べました。耳が香ばしくておいしいです。
HBb34.jpg

一人暮らしですから、毎朝焼き立てとは行かないのが残念ですが。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

太陽光パネル修復

この8月に不具合が見つかって、片肺運転を強いられていましたが、ようやく修理が入りました。
故障は直列接続しているパネル3系統のうち一つが、働かなくなったもので
正常時に比べて、発電量が2/3になっていたものです。

メーカーの対応は
8月20日 異常発生
8月28日 モニターリングセンターから連絡あり
9月3日  メーカサービスが来訪、ところが集中豪雨で調査でず
9月6日  パワーコンディショナーチェック、異常無し、パネルははしごがないので調査できず
9月9日  屋根に上ってパネルの写真撮影

11月1日 修理工事/完了

このような、日程の流れでした。
対応は早かったのですが、内部処理・機材発注・業者手配に時間がかかったとのことです。
まあ保障期間で無償ですし、しかたがないかもしれません。
新規設置も活発なようで、工事業者も忙しいのでしょうね。

仮設足場を建てまして
solawork1.jpg

パネルを剥いで、故障箇所の調査をしています。
solawork2.jpg

2枚のパネルを取り外して、交換となりました。
solawork3.jpg

故障箇所は2枚のパネルを直列接続する、コネクター部でした。
現物は加熱して焼けたようになっていました。同じ電流が流れる接続箇所が10箇所ほどあるわけですが
ここだけが焼けたのは解せないところです。サービスマンは部品不良ではと言ってましたが、
8アンペアほど流れるというそのコネクターの接点はちょっと頼りなく見えたのは
私の認識不足でしょうか。

修理後のモニター画面です
20131101-2.gif

11時から12時の間で、接続しなおしをしたので一時発電が途切れて発電量が減っていますいますが、
その前後のグラフの違いを見れば、一目瞭然というところです。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ


プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード