スポンサーサイト

ご近所の太陽光発電

ベランダに出てみると近所で工事をしている。
solaneib1.jpg

右奥に足場、シートと屋根にパネルが見えます。
左手前は我が家と前後してパネルを設置していた家です。

反対側の窓からお隣を見れば
solaneib2.jpg

こちらは我が家よりも先です。こちらを見て私も導入する気になったのです。

窓からは見えないですがすぐ近所に後2軒パネルを設置している家があります。
ほんの一角2~30軒に6件太陽光発電が集まっています。
近隣効果とでも言うのでしょうか、世間一般の普及率に比べるとかなり密度の高い地域になっているようです。

さて、設置して一年半ほどになりますが、通年の稼働状況はと、簡単なグラフを書かせてみました。

生のまま毎日の発電量と消費量です。
soladaysraw.gif

ちょっと見難いので、5日間の移動平均にしました。
soladaysavr.gif

2013年の8月20日から11月1日までは一部故障中だったのでその間は期待される値の
2/3になっています。

まあこんなものでしょうか。これからが稼ぎ時ということですね。

消費を見ると、我が家では冷暖房に電力を使いませんので、季節変動は大きくありません。
冬場は日が短い分照明に電力消費が増え、夏場はたぶん冷蔵庫の運転率が高くなった結果だと思います。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ


普通の食パン(粉を変えると)

いつもように、食パンを焼いたのですが
flour1.jpg

なぜか上手く膨らまずに、陥没しています

高さも低いし
flour2.jpg

焼き色も薄いです。

いつもだと
flour7.jpg

こうなるのですが・・・・

実は、粉が違うのです。
flour3.jpg

いつもはこの右の粉で、とにかく安い粉です。158円/1kg
今回は左の粉を使いました。むしろ世間一般に使いそうなものです。

見たところ陥没していますから水が多すぎるようです。実は取説のレシピより10cc多くしています。
また、いつも焼き色「薄」で焼いています。

というわけで、もう一度試しました。
flour4.jpg

実にきれいに焼けました
flour5.jpg

要はレシピどおり、焼き色選択もデフォルトの「普通」できれいに焼けたわけです。
普通の粉を使えば指示通りできれいに焼けると言う、当たり前の結果なのです。

しかし、粉が違うと微妙に調整が必要だと言うこともわかったわけです。

粉の違いでいかほど味が違うのか、試そうとして粉を変えたのですが、
じつは
flour6.jpg

これも用意してあります。さぞかしまた微調整が必要なのでしょうね。
これは 378円/1kg です。いつもの粉より2倍以上高価なのですが、値段に見合うだけ味が変わるのでしょうか。
今後の検証をお待ちください。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

あずきロールパン

まあ色々試してみているわけですが

HBの生地コースで一次発酵した生地を伸ばしてゆであずきを拡げます。
azukiroll1.jpg

生地は
砂糖     20g
マーガリン  20g
スキムミルク 20g
卵+水   150cc
強力粉   210g

くるくるっと巻いて、パウンド型で二次発酵させます。
azukiroll2.jpg

今回の二次発酵はオーブンの発酵機能で1時間でしたが、室温とか冷蔵庫で時間調整できます。

オーブンで焼きますが、途中で型からはずしたり
azukiroll3.jpg

25分型で焼いて後ははずして焼きます。上辺がこげ過ぎそうなのでフォイルでカバーしました。

焼き上がりです
azukiroll4.jpg

型で2次発酵して途中まで焼いたので、横に広がらず、立体的な焼き上がりになりました。

断面はこんな風です
azukiroll5.jpg

まあこの手順は応用が効きそうです。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

自作ベーコンでパスタ

せっかくベーコンを作ったので早速食べることにしました。

煙を掛けた後、寝かしてありました。
beconpasta1.jpg

スライスするとこんな感じです。
beconpasta2.jpg

それでパスタを作りました。
beconpasta3.jpg

パスタそのものも自家製です。

水         110cc
塩          5g
卵         1個
オリーブオイル    5cc
デュラムセモリナ粉 150g
強力粉       150g

の1/4です。

ソースはオリーブオイルでにんにく、ベーコン、たまねぎを炒めた物です。
トッピングは乾燥パセリと粉チーズです。

我が家は加工食材の自給率が高いのです。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

雪の日は家に閉じこもって

今日の大阪は珍しく雪です。
snowday.jpg

暖かいものが食べたいです。
ramen7.jpg

自家製中華麺、鶏がらスープに自家製味噌のお汁、ゆで卵、ほうれんそう、にら、たけのこ、豚の味噌煮

フランスパンを焼きながら、味噌の仕込をしました。
franceB5.jpg

塩とバターだけの生地を2時間室温で発酵させました。材料も単純だしこれはこれでいいです。

そして、味噌の仕込み
miso201.jpg

大豆の水煮と自家製の麹で仕込みました。味噌の仕込みの後片付けは面倒です(右の写真)
工程は過去の記事と同じです.

配合は
大豆水煮  1kg
麹     560g(米3合分)
塩     100g

としました。去年の味噌は塩辛かったので今回はかなり甘い目になる予定です。

今年も密封袋に仕込みました。たまりが取りにくいことを除けば楽です。
miso202.jpg

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

ベーコン燻煙

先日仕込んでいたベーコンですが一週間経ったので燻煙しました。

一週間経ちました
becon5.jpg

しっとり漬かっています
becon6.jpg

水につけて塩抜きをします
becon7.jpg

今回は水を替えつつ2時間ほどです。

燻製器に吊り下げます。
becon8.jpg

3時間ほどもくもくしました。
becon9.jpg

引き上げて、一晩ほど寝かせたら出来上がりです。
becon10.jpg

パン生地に練りこんでみるとか、自家製のパスタの具にするとか、ピザのトッピングにするとか
ベーコンは応用が利きます。
せっかく自分で作れるので欠かさない様にしたいのですが、ちょっとめんどくさいと言うのが本音です。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

フランスパン?2

前回のフランスパン?は結構気に入ったので、また試してみました。
小麦粉と塩とイーストだけで出来ているのでフランスパンと言ってもいいと思います、まあとにかく

バター     6g
塩       6g
強力粉   300g
薄力粉    36g
イースト    3g
水     250cc

一次発酵したものをオーブンの焼き皿にでんと置いて
hizaragai1.jpg

室温で5時間ほど置いて、焼きました。
hizaragai2.jpg

左が二次発酵後です。もっと盛り上がってほしかったのですが、横にデロリと広がってしまいました。
右が180℃40分焼いた結果です。ヒザラガイ:磯にフジツボなどと一緒にへばりついている多板綱の
変な生き物、を想像してしまいました。クープがうまくできたらもっと印象も変わったのでしょうが。

切ってみても、高さがありません。高さ方向に膨らむには型が要るのでしょうか。
hizaragai3.jpg

ただ、パリパリの皮の部分は広いし、中は気泡が結構大きくなっています。

食べてみると、なかなか美味しいです。
hizaragai4.jpg

皮も内側もパンとしての味わいが深くてけっこうです。
でもやっぱりバケットみたいな形になってほしいと言うのは本音で、もうちょっと追求するつもりです。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

めでたいうどん

めでたいうどんと言うのを貰いました。
kouhaku1.jpg

いかにもおめでたそうです。

紅白の麺ですが
kouhaku2.jpg

白と赤の麺があるのではなくて
kouhaku3.jpg

断面が紅白になっています

それも断面は長方形なのですが、長手方向に紅白が分かれているのと、厚み方向で別れているのがあります。
いったいどのように、こんな麺を作るのでしょうね。

早速ゆでてみました
kouhaku4.jpg

なんだか、紅白がぼやけています。
kouhaku45.jpg

どん!
kouhaku5.jpg

せっかくだから、めでたそうにトッピングしてみました。

麺リフト
kouhaku6.jpg


おいしかったです。細麺でつるつると食べれました。
まあ、見た目ほどのインパクトはなかったですけど。

本記事は下記トーナメントで一位になりました
第30回 麺(統一版)ブログトーナメント - グルメブログ村
第30回 麺(統一版)ブログトーナメント

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

フランスパン?

前の記事では2次発酵前に材料を合わせてその後室温で2次発酵をして焼いたのですが
それなりにできました。室温でゆっくり発酵と言うことでフランスパンなんかいいんじゃないかと思ったわけです。

それで早速、一次発酵した記事をパウンド型に入れてやってみました。
franceB1.jpg

バター     6g
塩       6g
強力粉   300g
薄力粉    36g
イースト    3g
水     250cc

です。家を離れたこともあって、暖房を止めた部屋で5時間置きました。

焼き上がりです
franceB2.jpg

180℃で40分焼きました。
上面はバリッと焼きあがっていますが、方に触れていたところはそれほどでもありません。
トレーをはずしたターンテーブルに置いたのですが、位置が低すぎたでしょうか。
それと切れ込みを入れたのですが全くクープは出来ませんでした。切れ込みを入れるのが遅すぎたのか
2次発酵時間が長すぎて膨らむ余地がもうなかったのか。

それと
pound3.jpg

これに比べると、焼き色が薄いです。これは卵が入っているので濃くなるようですね。
(温度、時間は同じです)

食べてみるとシンプルで、美味しいです。直に熱がかかった上部の皮はあくまでバリッとしてます。
中は割りとふわっとしています。
franceB3.jpg

気泡の入り具合です。
franceB4.jpg

上下で粗密がありますね。市販のバゲットみたいに荒い気泡にするには、専用の粉か
薄力粉の比率を増やしたり、中力粉を使って、発酵時間も検討する必要がありそうです。

とまれ、このパンは結構気に入りました。牛乳や卵、砂糖無しと材料もシンプルですし
時間調整もしやすそうなので、もっと追求してみます。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

変成パン

ホームベーカリーは便利なのですが、応用が利かないです。
材料入れてスイッチを押したら4時間後には焼きあがり。これがそもそもの使い方なので
当然と言えば当然なのですがこれのように一次発酵と二次発酵の間で細工をしたい。
それと私の日課では夜3~4時間家を空けるので、それに対応したい。

これが食パンメニューのタイムチャートなのですが
timechart.gif

「ガス抜き」が一次発酵と二次発酵の境です。パン生地メニューはガス抜きまでで終わりで、ナッツ後入れの
行程がなくて開始からい時間半で終わりです。

今回はパン生地メニューの後、100円均一で買ってきたパウンド型に成形しておいて
室温で放置して2次発酵させた後、オーブンで焼いてみることにしました。

生地を分けて、パウンド型にハムとチーズと生地を交互に重ねて、自然発酵させます。
pound1.jpg

発酵終了と、焼き上がりです。
pound2.jpg

180℃40分だったのですが、もうちょっと短時間でよかったようです。

まあそれでもそれなりに出来ています。
pound3.jpg

チーズの地層がわかるでしょうか。
pound4.jpg

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

ベーコン仕込み(燻製)

久しぶりにベーコンを作ってみようかと

豚ばら肉のブロックです。肉刺しをしています。
becon1.jpg

調味料です
becon2.jpg

塩 大匙2、砂糖 小さじ2、黒胡椒、ローレル、パプリカ 適量

調味料をすり鉢で当って
becon3.jpg

ポリ袋の中で、調味料を摺りこみます。
becon4.jpg

このまま密封して冷蔵庫で、寝かせておきます。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード