薄力粉多目の材料配分で

強力粉と薄力粉の配分で具合よさそうな焼き加減がありそうだということで


砂糖         50g
塩          3g
卵          1個
牛乳        180cc
マーガリン     20g
薄力粉       200g
強力粉       100g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 薄い

ちょうどいい感じに焼けました。
HBsw01.jpg

これも全く同じレシピなのですが
HBsw02.jpg

思ったより膨らんでいます。卵のサイズの違いかもしれません

それで今度は

砂糖         50g
塩          3g
卵          1個
牛乳        卵とあわせて230g
マーガリン     20g
薄力粉       200g
強力粉       100g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 薄い

それでも思いがけず膨らんでいます。
HBsw03.jpg

まあ、食感も悪くは無いので、良いといえばいいのですが、一つ目の写真の感じに
再現できなかったのが、気に入らないところです。

1.5斤に増やし、強力粉比率を減らして

砂糖         70g
塩          5g
卵          2個
牛乳        卵とあわせて320g
マーガリン     30g
薄力粉       300g
強力粉       100g
イースト       3g
PYD 食パン 1.5斤 焼き色 薄い

かなり迫力があります。膨らみ加減は2,3番目と同様ですね
HB14062901.jpg
HB14062902.jpg

一番目のレシピの記録が間違っているのかとか、気温が違ったかとか考えていますがわかりません。

食べた感じはかなり好みのものなので、まあいいか
HB14062903.jpg

ただちょっと底の方の気泡がつぶれ加減です。1.5斤は重いのかもしれません。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。
スポンサーサイト

梅干 その2

塩漬けにした梅は赤紫蘇で色と香りをつけて漬け込んで、梅干になります。
というわけで

しそを買ってきて入れたものですが
umebosi1404.jpg

どう見ても少ないですね。
梅10kgあります。紫蘇はその一割とかあります上の写真では150g程度です。

どさっと一束買ってきたのですが
umebosi1405.jpg

塩で揉んで絞ったらこれくらいになってしまいました。
umebosi1406.jpg

それでも漬け樽に広げるとこんな具合になりました。
umebosi1407.jpg

まあこんなもので様子を見てみますか。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

追求 薄力粉のみのパン

薄力粉のみで食パンを焼いてそれらしく出来ました。

砂糖         50g
塩          3g
卵          1個
牛乳        180cc
マーガリン     20g
薄力粉       300g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 普通

HB14061002.jpg

もう一度同じレシピです
HB14061501.jpg

焼き色を「うすい」としたのと、捏ね始めに粉落としをしました。
悪くないのですがもうちょっと何とかと

砂糖         50g
塩          3g
卵          1個
牛乳        180cc
マーガリン     20g
薄力粉       200g
強力粉       100g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 薄い

強力粉を混ぜると、膨らみがよくなります
HB14062001.jpg
HB14062002.jpg
実はこれは試食しないままに出荷されてしまいました。要追試です

さらにもっと

1.5斤:粉を400gにして他の材料も4/3にします。ただ卵2個とします。水分は牛乳を減らして合わせるので
1斤のレシピより卵比率が高くなるはずです。

砂糖         70g
塩          5g
卵          2個
牛乳        210cc
マーガリン     30g
薄力粉       400g
イースト       4g
PYD 食パン 焼き色 うすい

副材料が多いです
HB14062301.jpg

生地は粘りがありませんからどろどろです
HB14062302.jpg

おやっ、膨らんでいない
HB14062303.jpg

見ての通りです、
HB14062304.jpg

クラムも気泡が大きくて、食感もざらっとしています。
HB14062305.jpg

さて、材料が多くなると、捏ねたりないのか。
しかし水分過剰とも思えます。もうちょっと水分が多いと中央が陥没するのかもしれない。
気泡が荒いのも水分過剰からのようにも思われます。

もうちょっと追求してみようと思いますが、写真で言うと上から2番目の辺りがベストという気もします。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

三色ペンネ

三色ペンネというのをいただきました。
penne01.jpg

パスタですね。付けあわせとかで食べたことがありますが、積極的に選んだりしたことは無いです。
せっかくいただいたものですし、ちゃんと扱ってみましょう。

なんでもネットにお任せで調べれば、ペンネというのはパスタでもショートパスタに類するもの。
確かにスパゲッティより短いです。穴が開いてるから日本ではマカロニに分類されると。
なるほど箱に張ってあった輸入業者の日本語ラベルには名称:マカロニとあります。

パスタだから茹でて、ソースに絡めればよいのでしょう。
日本語のラベルにはボロッコリーとサワークリームのソースの例が書いてあります。
箱には原産国イタリア語と英悟で調理例が書いてあります。
それだとトマトベースでパプリカ、ナス、かぼちゃに、にんにくオリーブオイルのソースです。
トッピングはおろしたチーズ(Pecorino)とパセリだそうです。

ネットではペンネアラビアータというのがよく引っかかります。
トマト、にんにく、唐辛子のソースのようです。穴の開いたパスタなのでドロッとしたソースが
穴の中に入り込んだほうが、良いらしいのです。

パスタとトマトは王道のようですから、その中でもシンプルなアラビアータを試すことにしました。

まずはトマトソース
penne02.jpg

トマトの水煮、さいの目切りの缶詰(以前安売りで買ってあった)、炒めたたまねぎのみじん切りをローレルと
少し煮詰めて塩と砂糖で味付けします。

オリーブオイルに、にんにくと唐辛子で味付けするのはアーリアオーリオペペロンチーノと同じですね
これは写真は撮り忘れました。
そこにトマトソースを入れて、ゆでたパスタも放り込んで、絡めて出来上がり。

penne03.jpg

イタリアンパセリなんて手元に無いから、乾燥パセリ。それにもちろんペコリーノもパルメジャーノレジャーノも
ありませんから、国産粉末チーズをかけました。色取り的には少なくともパセリは生がほしいですね。

ソースとの絡み具合どアップ
penne04.jpg

上手い具合にパスタの穴にソースが絡んでいます。

ということでとっても美味しくいただきました。

たぶんこの辺が一番素直な食べ方なのだと思います。たまたまトマトの水煮の缶詰があったのが
よかったです。トマトソースはまだ残っているので、肉とか他の野菜を追加してバリエーションを
楽しんでみようと思っています。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。


今日のパン コーン入り

具を適当に選ぶだけで、食パンのバリエーションが楽しめるので
適当な具材はないかという目でスーパーなど歩くのも面白いです。
これは、珍しくも無いものですが、やったことはないし、缶詰は手間が要らないしということで
HB14061901.jpg

レシピ
砂糖         20g
塩          5g
マーガリン     18g
スキムミルク    20g
水          230cc
強力粉       250g
イースト       3g
スイートコーン缶詰水気を切って 120g
PYD 食パン 焼き色 普通

水分が多すぎるかと思いましたが上手く焼けました。
HB14061902.jpg

牛乳を使わないから焼き色が薄いのでしょうか。
HB14061903.jpg

粒も程よく分布しています。
HB14061904.jpg

具材でバリエーションはよろしいのですが、具の投入合図を待つ必要があって、HBから離れられない:
外出するとか放っておけないのが辛いところです。もちろん具材自動投入機構付きの機械を買えば
良いのでしょうが、その手のものは中古でも安くないし、機構自身がいかにも壊れやすそうです。
もちろん、自分で言っているように、具を手動で投入するのは面倒であり、それを自動化した
機械が出るのも必然とは思いますが、特化した機械は私のように色々使い倒すには
使いにくい機械ではあります。
HB評論家とかHB料理研究家とかで食っていけるなら、様々な機種を買い揃えて、使い比べをするのは
面白そうなのですが。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

梅干

今年の我が家の梅ノ木は生り年のようで、収穫が多いでした。

それで梅干をつけるのに、18リットルの漬物容器を持ち出しました。

30kgほど収穫したらしいのですが、10kgほど梅干にします。
umebosi1401.jpg

一晩水につけてあったら何だか変色してますが、とりあえず蔕をとりました。

塩をまぶします。
umebosi1402.jpg

梅の重量の12~15%が適正な塩の量だそうです。今回は1200gほど使いました。

とりあえず重石をかけておきます。
umebosi1403.jpg

今日はここまで。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

今日のパン 早焼き

以前シーシーピー機での早焼きパンの記事を書きました。
1時間52分でそれなりの食パンが焼けたわけですが、その時参照したクックパッドの記事では
早焼きでダブルソフトみたいなふわふわパンができるというものでした。
シーシーピー機ではふわふわにはなりませんでしたがツインバードでは焼けると
元記事にありましたので、これは試すしかないというものです。
ただしツインバードでは早焼きは1.5斤か2斤のみで、なお且つ3時間ぐらいかかります。

元レシピを粉280gから400gにアレンジしたレシピが

砂糖         30g
塩          3g
マーガリン     15g
水          150cc
牛乳         150cc
強力粉       400g
イースト       5g
PYD 早焼きパン 焼き色 薄

ふわふわに焼けました
HB14061101.jpg

膨らみ加減も1.5斤と言える物のようです。
HB14061102.jpg

食感もふわふわです。
HB14061103.jpg

底の方がちょっともっちり加減があるようです。でもなかなかのクオリティと言うべきでしょう。
標準のコースでは4時間20分のところが早焼きでは2時間50分でした。

取説には「通常の食パンコースより小さく焼きあがる場合があります。」とありましたが
クックパッドにあったレシピをアレンジしたおかげか、大きく膨らんでくれたようです。
シーシーピー機の場合一次発酵だけで焼いているようでしたが、ツインバード機では
ちゃんとガス抜きしていました。その分一時間ほど余分にかかるわけですが。

一台のHBでも何種類もコースがあって、機械は2台、そして材料の配合はどのようにも
選べるわけですから、面白いです。でも何を求めているのか、それを行き当たりばったりで
試しているだけのようにも思えますが、すくなくともこうしてブログに記録を残しているので
落ち着く先も見えてくるのかもしれません。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。


今日のパン 薄力粉のみのレシピ

昨日、極端なレシピを試せば途中は補完できるとかえらそうなことを書いたので
「極端」に走ってみました。
強力粉を使わず薄力粉のみで焼く食パンです。

薄力粉は粘りが出ないので、気泡が維持できず上手く膨らまないわけです。
しかし卵を入れると、膨らみやすいわけで、それで何とかならないかということですが

砂糖         50g
塩          3g
卵          1個
牛乳        180cc
マーガリン     20g
薄力粉       300g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 普通

さて出来上がったのは

結構きれいに焼けました
HB14061001.jpg

さすがに膨らみ具合は悪いようです。
HB14061002.jpg

側面に粉が残ってますね。
生地に粘りが少ないので、捏ねている時にケースの隅の粉を巻き込みにくいのではないかと
想像できます。目の前でスタートならスタート直後に隅に残った粉をこそげて生地に纏めさせれば
粉は残らないのですが、タイマーを使っているので、捏ね始めはベッドで夢の中です。

食感はレシピがそれっぽいだけに、スポンジケーキに近いです。
HB14061003.jpg

油脂分も効いている様で、焼きたての皮の表面はパイのような食感でした。
全体に膨らみ加減は悪いのですが膨らみ足りないということも無いようです。
もうちょっと、2次発酵時間を取ったらよさそうですが、どのコースが良いのだろう。

それなりの物にはなったのですが、パンから離れつつあるというのが実感ですね。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

今日のパン フルオプションとシンプル

今日2回焼いたのですが、両極端かな

一つ目はもっともシンプルなレシピ

砂糖         50g
塩          3g
牛乳         230cc
強力粉       300g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 薄

HB14060901.jpg
HB14060902.jpg

もう一つは、まさにフルオプション、副材料を何でも入れたようなものです。

砂糖         50g
塩          3g
卵          1個
植物性ホイップ  90g
牛乳        120cc
強力粉       150g
薄力粉       150g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 淡い

ナッツ投入合図で ベリーフルーツミックス 60g 投入です

HB14060903.jpg
HB14060904.jpg

腰折れしないように、どっすんどっすんやっていたら些かへしゃげてしまっていますが
副材料の効果満点、窯伸びも半端じゃないようでふっくら焼きあがっています。

豪華版もシンプルなのもどちらもありです、あえて言うなら日常消費用と贈答用ですか
両極端ができれば、その中間は内挿補間できますから何でも来いということで

おまけ

何だか一日ごそごそやってまして

圧力釜で、鶏がらスープを作ったり
torigara140609.jpg

ガラと野菜はメッシュの袋に入れてますので、しずくを切っているところです。

麹を少量生産中だったりします。
kouji140609.jpg

米2合分です、後一日しっかり米粒の中までコウジカビの菌糸が入り込むまで保温保湿したら
できあがりです。甘酒を作る予定です。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

梅アイス

先日作った青梅のジャムで、アイスを作りました。

まず、卵の白身からメレンゲを作ります。砂糖は大匙1入れてあります。
umeice01.jpg

卵の黄身、砂糖大匙2、ジャムを大匙5ほど
umeice02.jpg

ホイップクリームを入れて、氷水にあてながら泡立てます。
umeice03.jpg

ホイップ完了
umeice04.jpg

メレンゲを加えます
umeice05.jpg

ジャムも加えて泡をつぶさないように混ぜたものを、冷凍庫で凍らせます。

ほんわりと固まったものを取り出して
umeice06.jpg

梅のアイスの出来上がり。
umeice07.jpg

酸味が効いた美味しいアイスです。
ジャムでも書きましたがちょっと苦味がありそれもアクセントになっています。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

今日のパン お弁当用

お弁当を持っていかなければと言うことになりまして、このシーズンご飯よりパンの方が
痛みにくい分好ましいのです。
急遽と言うことで、早焼きでパンを焼くことにしました。
それでせっかくだからと具も追加してみたのが

砂糖         30g
塩          3g
マーガリン     12g
ぬるま湯      100cc
牛乳         100cc
強力粉       250g
中力粉       30g
イースト       5g
たまねぎ 半個 ベーコン50g みじん切りを炒めたもの
BYB 米粉パン 焼き色 薄

です。中力粉は単に強力粉が足りなかったからで、特に意味はありません。

2時間足らずで焼きあがったのが
HB14060601.jpg
HB14060602.jpg

なかなかうまい具合に焼けました。
HB14060603.jpg

今回は、時間も無かったので塊をそのままかばんに詰めて出かけましたが
サラダを作っておくとか、サンドイッチにしてもよさそうです。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

梅ジャム

梅雨に入りました。字のごとく梅の収穫の時期と言うことです。
まだ青いですがジャムには青い方が良いので、庭で一部収穫しました。

青梅2kg程あります。
ume201401.jpg

塩水に一晩漬けて、あくを出します。
ume201402.jpg

身を削いで種を取ります。正味1.5kg程になりました。
ume201403.jpg

種です・・・・
ume201404.jpg

水で煮て、あくを取って、砂糖を加えて煮詰めたわけですが、途中経過も撮って置けばよかった・・・
ume201405.jpg

800gの瓶三つになりました。
ume201406.jpg

上記の梅の量に砂糖は900g使いました。
酸味が結構強くて市販のジャムにはないさわやかなジャムです。(ちょっと渋みはある)

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

今日のパン 豆乳パン

朝食はいつも自家製のパンですが、それに無調整豆乳とヨーグルト、ジュースを
ブレンドしたオリジナル「調整豆乳」を添えています。
ですから無調整豆乳はいつも在庫しているのですね、それで豆乳パンとかどうだろうかと

砂糖         30g
塩          3g
マーガリン     20g
豆乳        250g
強力粉       300g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 淡い

豆乳には大豆固形分9%以上とありましたので水分量はそれを元に調整したつもりです。

概ね美味く焼けましたがもうちょっと水分が多くてもよさそうです。
HB14060401.jpg
HB14060402.jpg

食感もなかなか良いです。
HB14060403.jpg

焼きたてのクラスト:皮のパリパリの部分は、節分の豆の皮とそっくりな味がしたのはご愛嬌です。
クラム:中身はほんのり甘いです。これまた節分の豆をしっかりかみ締めた時の味に近いかも。
乳成分無しの必要があれば、それなりに価値がありそうです。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

今日のパン ブリオッシュ食パン

ブリオッシュ風の食パンです

砂糖         50g
塩          3g
卵          1個
植物性ホイップ  54g
牛乳        150cc
強力粉       150g
薄力粉       150g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 淡い

とってもほんわり焼きあがりました、半分が薄力粉でもこのふくらみ具合です。卵が入るとよく膨らみます。
HB14060201.jpg
HB14060202.jpg

今日は全く同じレシピでもう一回焼きました。
HB14060203.jpg
HB14060204.jpg

ちょっと膨らみ加減が違うのは2次発酵開始のときの生地のまとまり具合の差だと思います。

焼き立てと4時間ほどそのまま放置してあったものとの比較です。
HB14060205.jpg

天辺のほんわり膨らんだ部分が少し縮んでいます。もう一方も時間が経てば同程度にはなるでしょう。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード