梅干 その3

梅干は「干し」であって漬けでは無いので、つけたあと干します。
梅雨明けの土用の日差しで干すと言われていますから、まさにこの時期に干さなければいけません。

以前の記事 梅干 梅干 その2 のあと、紫蘇を追加して
umebosi1408.jpg

こんな感じだったものですが
umebosi1409.jpg

紫蘇は搾って取り出して
umebosi1410.jpg

土用の日差しの下で干しています。
umebosi1411.jpg

例年だったらこのざる一枚で足りたのですが
umebosi1412.jpg

今年は、100円均一でよしずを買ってきました。
umebosi1413.jpg

よしずに干している方は、漬け樽のそこのほうにあって、圧迫されて梅酢の廻りも悪かったのか
紫蘇の色の付き具合が悪いものです。
ざるの方は干すだけの予定ですが、漬かり具合が悪いものは、夜は梅酢に戻して漬け込み
昼間はまた干すというようにします。

絞った紫蘇はまた別に干しています。
umebosi1414.jpg

カラカラになったらフードプロセッサで粉砕して粉にします。
自家製「ゆかり」です。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。
スポンサーサイト

今日のパン きゅうりパン

とにかくきゅうりがあります。
cucumber01.jpg

暑さの所為かだいぶ自棄気味です。

砂糖         23g
塩          5g
きゅうり       135g
牛乳        105cc
マーガリン     20g
強力粉       300g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 普通

きゅうりは95%水です。牛乳より水の成分比が高いのです。
きゅうりの水分と牛乳で水220cc位となるはずの材料比率です。

適当にきゅうりを切ってその他の材料と
HB14072801.jpg

そうか、きゅうりはしっかりしているから、バナナみたいに粉砕されないのです。
HB14072802.jpg

途中で止めて、きゅうりをもうちょっと細かく切り、水も50ccほど足しました。
HB14072803.jpg

きゅうりが粉砕されないなら生地の水の量が減ってしまいますから、水を足しました。

水分調整がうまく行ったようで、それなりの焼き上がりです。
HB14072804.jpg
HB14072805.jpg

ほどほどにきゅうりがちりばめられています。
HB14072806.jpg

なるほど、きゅうりの香りのパンです(あたりまえ)
味は普通ですが、あえて作るほどのものでもありません。
ただきゅうりの消費方法としてはありです。
でも、きゅうりの使い方は、まだ他にも考えることにします。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

今日のパン バナナパウンド風

HBで焼く食パンですが、薄力粉の比率が高くなってくると、ケーキ風になってきます。
薄力粉だけだとほぼパウンドケーキみたいです。
それでバナナの入ったパウンドケーキ風、でももうちょっとパンらしくということで
いくらか強力粉を入れてちょっとほんわりさせようという材料配分です。

砂糖         50g
塩          3g
卵          1個(57g)
バナナ       1本(88g)
牛乳        140cc
マーガリン     20g
薄力粉       250g
強力粉       50g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 薄い

バナナは70%水分です。今回は88gだったので水分は62gとしてみています。
卵と牛乳とバナナの水分を合わせて230cc程度となるようにしています。

上部の焼き具合にマーガリンが結構効いていて、ばりっとしています。
型から抜く時に崩れてしまいましたけど
HB14072401.jpg

程よく膨らんでいます。薄力粉だけだったら上部の膨らみが全く無くてぺちゃんこになるようです。
HB14072402.jpg

食感はこれは人それぞれ好みでしょう。薄力粉と強力粉の比率を自分好みに選べます。
HB14072403.jpg

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

巨大きゅうりの煮物

今年は野菜の出来がいいようで、店でも安いですし、もらい物も多かったりします。
そのなかで巨大なきゅうりをいただきました。
収穫の時期を逃すとこんなになってしまうのです。
cucumber01.jpg

皮をむいて種を取って軽く2回ゆでました。これは別に使うためにとり置いたもの。
cucumber02.jpg

出汁で柔らかくなるまで煮て、醤油、みりん、と鶏肉、厚揚げを加えて、更にしばらく煮ました。
cucumber03.jpg

きゅうりのアップです。軟らかく煮えています。
cucumber04.jpg

きゅうりの青臭さもほのかに残っていますが、本来のきゅうりとは全く別のものです。
冬瓜の煮物が一番近いでしょう。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

今日のパン ジャムたっぷり

手作りのアイスでジャムを層になるように混ぜたのが気に入っています。

こんな感じです
bluebarry1.jpg
bluebarry2.jpg

パンでもこんな風にならないかと試したのですが

ジャム        60g
塩          5g
牛乳        200cc
マーガリン     25g
薄力粉       200g
強力粉       100g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 薄い

ナッツ投入タイミングで更に
ジャム        60g
HB14071901.jpg

軽くジャムを生地に混ぜ合わせてくれることを期待したのですが

結果
HB14071902.jpg
HB14071903.jpg

何だかどっしりしたパンが焼きあがりました。かなり持ち重りして、自重でへしゃげ加減です。

切って見ると
HB14071904.jpg

きれいに混ぜ合わされてしまって、層のかけらもありませんでした。

まあこれはこれで美味しかったですが・・・・・
やっぱり2次発酵の前にジャムを巻き込んだ形成をする必要があるようです。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

おもちゃ病院 アンパンマン鉄琴

おもちゃ病院の「ドクター」なんです。
今月は入院患者が2名、図らずしもどちらもアンパンマンでした。
片方は電池で動く人形で、「骨折」しているので大手術が必要です。
とりあえず簡単な方ということで

鉄琴です、きれいな音が出ません
omocha140701.jpg

音板がスポンジで浮かせてあるのですが、そのスポンジがへたっているようです。
omocha140702.jpg

とりあえず分解します
omocha140703.jpg

単純な構造ですがタッピングネジが12本使ってありました。楽器としての構造強度を考えてでしょうか。

見ての通りスポンジがへしゃげています。
omocha140704.jpg

音板をどのように保持しかつ音響的に自由にするかだと思います。
omocha140705.jpg

スポンジではまたへたるのではと、フェルトなど試してみたのですが、ダンピングが大きいようで
鳴りも鈍いし、残響が全くありません。まあフェルトはピアノなどでもダンパーに使うくらいですから
当然といえば当然です。

結局スポンジを使いました。ただ元より幅を広くしました。
omocha140706.jpg

これで完成。カルテにも処置した内容を書き込みました。
omocha140707.jpg

おもちゃではない鉄琴の音板はこれよりはるかに重いもので、もっとしっかりと保持され重さがある分
ダンピングされにくいのだと思います。でもスポンジでは絶対にへたって来ますよね。
おもちゃだからそれまでなのでしょうが、そもそもおもちゃの耐用年数はどの程度を想定しているのでしょうか。

あと、絶対音感などというものは持ち合わせていないのですが、それでも音がずれているように感じました。
絶対音感を持たせるには3歳頃からの訓練が必要だそうです。この手のことは小さい時が大事だということなのでしょう。
とすると音程のずれたおもちゃはいかがなものかと・・・・
電子おもちゃよりこの手のシンプルなものの方が好ましく思えるのですが、電子おもちゃは音程は狂わないはずです。
鉄板のプレスだけ調律は無しの音程をどうしたものでしょうか。

たかがおもちゃなのですが、見ると色々気になるものです。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

扇風機の再構成

もうすぐ梅雨明けのようで、本当に暑くなってきました。我が家ではエアコンは使わないのですが
それでも扇風機には時々お世話になります。
もう相当古い扇風機が2台ありました。一台は「ナショナル」ブランド、今ではパナソニックと呼ばれる会社のもの。
かりにP機とします。もう一台はP機よりは新しいもののそれでも古い三菱電機製品、M機とします。
以前M機の羽根がかけてしまって、仕方ないのでP機を使っていました。
ところがP機のモーターが廻らなくなったのです。古いですからたぶん進相コンデンサの容量抜けだと思います。
修理しようと思ったものの、なぜかモーターのカバーが外れません。なにか開示されていない手口があるようです。

それでむりやり、P機の羽根をM機につけて何とか使えていました。昨シーズンの終わりに収納しかたが不味く
転げ落ちて、首振り部分が破損してしまいました。
fan01.jpg

それでまあ2台を解体して、良いとこ取りをしようというわけです。
この写真は強さ調整スイッチとタイマーの配膳です。ボディに着いているのはP機
右下に部品だけ転がっているのはM機です
fan02.jpg

これはP機の底板の裏に貼ってあった配膳図です。M機ではボディの成型部品に掘り込んでありました。
写真が上手く取れませんでしたが、ほぼ同じ回路です。
fan03.jpg

2枚目の写真でわかるように、古いだけに回路接続は、半田付けです。これ幸いとP機のスイッチ部に
M機のモーターを接続すると無事動作します。

それで何とか形になりました。
左が、何とか使える扇風機、右が余った部品です。欠けた羽も合ったわけですがそれは
去年の時点で処分してしまっていました。
fan04.jpg

P機部品 ボディ、スイッチ類、羽根
M機部品 羽根カバー、モータ

実に首振りの軸の太さが異なっていますから、上手く首振りはできません。
まあ最低限の機能は果たしてくれます。

M機のほうが新しい分だけ成型部品を多用していました。それで壊れてしまったわけです。
それでも今日日の製品と違って、部品を集めて組み立てた、という製品ですので
なんとか良いとこ取りで2台から1台を再構成できました。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

カネロニ

変わったパスタをいただきました。
cannelloni1.jpg

Cannelloni 日本ではカネロニと呼ぶそうです、
長さ10cmあまり直径2.5cmほどの円筒形です。一応穴の開いたショーとパスタなので食品種別では
マカロニになるそうですが、いわゆるマカロニとは使い方が違いそうです。

物はイタリア製ですが英語でも調理例が書いてあります。また輸入業者による日本語ラベルにも
調理例は載っています。それによると、筒の中にチーズソースやミートソースを入れて
耐熱皿に並べベシャメルソースをかけてオーブンで焼くようです。
ベシャメルソースってホワイトソースですからグラタンですね。だいぶ趣は違いますが
「マカロニグラタン」なのです。

グラタン皿にマーガリンを引いてベシャメルソースを敷いて、ソースを詰めたカネロニを並べます。
cannelloni2.jpg

中に詰めるソースは3種類作りました。チーズとほうれんそうのソース、トマトソース、ミートソースです。
チーズソースが箱の写真になっていますから本命なのでしょうが、そればっかりでは単調ですし
しつこそうな気がしたので他のソースも作ったわけです。

チーズとほうれん草のソースは箱の例に従ったのですが、チーズはリコッタチーズを指定しています。
箱の写真の白いのがそれです。このパスタを売っている高級スーパーでもリコッタチーズは扱っていませんでした。
リコッタチーズを調べると乳清チーズで塩気の無いクリームみたいなチーズのようです。
マスカルポーネなら使えそうだと思ったらちょうど近所で安売りをしていたのでそれを使うことにしました。
マスカルポーネだってティラミスの材料ということが無かったら手には要らない類でしょうね。

三色並べて、上にもベシャメルソースをかけます。
cannelloni3.jpg

粉チーズ、指示はもちろんパルミジャーノレジャーノですが、国産の何かをかけて、オーブンで焼きました。

グラタン皿から取り分けたところです。
cannelloni4.jpg

食べた結果は、とっても美味しかったです。だって4種類もソースを作って、パスタに詰め込んで
オーブンで焼くのです。これだけ手間をかけて美味しくないはずが無いと言うか、
期待に沿ってくれなかったら怒りますよ。

珍しいパスタを使おうとして、色々勉強になりました。まあ家庭料理では無いと言うか
普段料理ではないですね。おもてなしに気合を入れる時とかの料理のようです。
お客さんがあったらまたやって見ましょう。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

今日のパン にんじんパン

今年は野菜が豊作のようで、店頭価格も割安感があります。
また野菜のおすそ分けも多かったりします。
HB14071101.jpg

あまり気味の野菜をどう使うかですが、パンに練り込むのは簡単かなということで
HB14071102.jpg

とにかく粉砕しようと思ってもうまく行かないので、牛乳を入れて何とかムース様になりました。
これを水代わりにします。

砂糖         20g
塩          5g
にんじん      1本
牛乳        110cc
マーガリン     20g
薄力粉       150g
強力粉       150g
イースト       3g
PYD 食パン 焼き色 薄い

黄色いですね、膨らみが悪いかな
HB14071103.jpg

どうやら生地の粘りが足りないようなふくらみ具合です。
HB14071104.jpg

どうもこのところ、薄力粉多目のレシピばっかり焼いていて、その勢いで薄力粉をいれてしまいました
強力粉の比率をもっと上げないといけなかったようですね。

中まで本当に黄色いです。
HB14071105.jpg

食べるととっても美味しいです。カロチンがたっぷり摂れます。
でもやっぱりもうちょっとふわっとしたほうが良いかな。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード