竹細工4

そこで、相欠接をもうちょっと試してみました。
材料に欠きを入れているところです。
aikakikousaku.jpg
切れ込みを入れて、ナイフでこじれば繊維に沿って、切り欠きができます。

切り欠きの深さを制限するために、万力に金鋸の刃を切り欠きの深さだけ出るように挟みます。
そして、材料をあてがってごりごりするわけです。
kiremeire.jpg

それでできたのが、この鍋敷です。
nabesiki.jpg

それにしても材料の特性として、どうしても反りが出るのですね。
soru.gif

まあそれには、裏どおしつき合わせることにし、なんとか見通しが立ってきました。

あと、φ2.8 の穴を開けると、竹串がしっくり刺さることもわかって、位置決めに役に立てることにしました。

そして、材料にかんなをかけることも覚えました。

つづく

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

手作り・DIY ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード