スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光パネル修復

この8月に不具合が見つかって、片肺運転を強いられていましたが、ようやく修理が入りました。
故障は直列接続しているパネル3系統のうち一つが、働かなくなったもので
正常時に比べて、発電量が2/3になっていたものです。

メーカーの対応は
8月20日 異常発生
8月28日 モニターリングセンターから連絡あり
9月3日  メーカサービスが来訪、ところが集中豪雨で調査でず
9月6日  パワーコンディショナーチェック、異常無し、パネルははしごがないので調査できず
9月9日  屋根に上ってパネルの写真撮影

11月1日 修理工事/完了

このような、日程の流れでした。
対応は早かったのですが、内部処理・機材発注・業者手配に時間がかかったとのことです。
まあ保障期間で無償ですし、しかたがないかもしれません。
新規設置も活発なようで、工事業者も忙しいのでしょうね。

仮設足場を建てまして
solawork1.jpg

パネルを剥いで、故障箇所の調査をしています。
solawork2.jpg

2枚のパネルを取り外して、交換となりました。
solawork3.jpg

故障箇所は2枚のパネルを直列接続する、コネクター部でした。
現物は加熱して焼けたようになっていました。同じ電流が流れる接続箇所が10箇所ほどあるわけですが
ここだけが焼けたのは解せないところです。サービスマンは部品不良ではと言ってましたが、
8アンペアほど流れるというそのコネクターの接点はちょっと頼りなく見えたのは
私の認識不足でしょうか。

修理後のモニター画面です
20131101-2.gif

11時から12時の間で、接続しなおしをしたので一時発電が途切れて発電量が減っていますいますが、
その前後のグラフの違いを見れば、一目瞭然というところです。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。