HB:ホームベーカリーを評価する

使い始めた頃は、そんなに頻繁に使わないと思っていたのですが
HBbs4.jpg

そこそこに焼けるとわかると、人にあげることも増えて、
結構焼く回数が増えました。2~3日に1回は使っているでしょうか。

うどんも作るようになりましたし。

HBbs3.jpg

取扱説明書にあるレシピも大体試して、アレンジも少しずつし始めました。
水の量はかなり微妙な違いでも焼き上がりに大きな差が出ます。

HBbs2.jpg

それにしても、パラメータが多いというか、それぞれの材料の多寡が効いては来ると思うのですが
それがどう効くのか今一わからないところです。

HBbs1.jpg

(なお適当にパンの写真を入れていますが、記事とはあんまり関係ありません
結構頻繁に焼いて、それぞれ違いがあると言う程度です)

金尺を写しこんでいるのは膨らみ具合を端的に数字で量れるからです。

ホームベーカリーでのアレンジの本も結構あるようです。
図書館でちょっと借りてみました。
HBbook.jpg

副材料を色々帰るだけのようなのが多くて、大して参考にはなりません。

以前の記事で機能上の不満なんかも書いたのですが、結論として
HBは使えると思いました。
気温が極端に変わったりしない限り:つまり昨日の今日なら、ほぼ同じものが焼けます。
つまりレシピが、確定したら、材料を放り込んでスイッチオンだけで4時間もしたら
きれいにパンが焼けています。

色々な付加機能がついていても使うのは一番の基本機能ということです。
もともとそのための機械ですから、それでいいようです。

メーカーによっては連続動作以外に、各動作単体を使うモードもあるようですけど
まあめったに使わないでしょうd。
単純に食パンを一斤なり1.5斤焼くだけか、あとは生地をこねて一次発酵までやってもらって
後は手で整形してオーブンで焼くと言う使い方でしょう。

それには安物で十分事足ります。新品で5千円くらいですね。

それでも、メニューごとの ねかし/発酵/焼き上げ の 各時間
     焼き色の 濃い/ふつう/淡い の 温度
     容量の 一斤/1.2斤 の 違い

くらいは知りたいところではあります。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード