ホームベーカリー2機種の比較

以前中古で
シーシーピー BK-B25 という機種を買いました。(以下 BKB)
gaikann2.jpg

色々やってみて思ったより役に立つし、「遊び甲斐」もあるのでついもう一台中古ながら買ってしまいました。

TWINBIRD PY-D432 という機械です。(以下 PYD)
gaikann1.jpg

使い比べてみると色々違いがあるものです。
スペックいぇ機に一番大きいのはBKBは1,1.2斤焼きなのに対してPYDは1,1.5,2斤焼きであることです。
当然PYDの方がパンケースが大きいのですが、底面の形状が長方形になっているのが特徴的です。

その所為か1斤といっている量が粉で300gになっています。
一般には250gで1斤の様なのですが・・・

BKB
bkb1.gif

PYD
pyd2.gif

PYDの1斤は実は1.2斤というわけです。さぞかし250gではこねる時うまくまとまらないか
焼く時広がりきらないのでしょう。

それから気が付いたのは、PYDでは焼き色で出来上がり時間が変わることです。
pyd1.gif

うすめ、ふつう、こいめ で5分ずつ違います。
BKBではそういうことは無いので、焼きの温度を変えているものと思われます。
また焼く時間はBKBでは60分ですがPYDでは40分±5分となるようです。

やっぱり2斤焼きの具合が興味深いのでその様子を写真に示します。

材料を入れてから、だんだん膨らむ様子です。
2k1.jpg
2k2.jpg
2k3.jpg

それで出来上がり。
2k4.jpg
2k5.jpg

BKBの1斤です
bananaB11.jpg

だいぶ迫力が違います。
それとBKBはかっちりした焼き上がりですがPYDの方はだいぶほんわりした焼き上がりになります。
PYDの方が焼き時間が短いのと、捏ね時間が長いことによる違いのようです。
それから耳の部分の比率の差もありますね。

かっちりとほんわりはどちらが良いというわけではなく、好みの問題です。
切って食べる気分だとBKB、ちぎって食べるならPYD、そんな感じです。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
udonbanner.gif
男の料理 ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード