スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上新粉入り食パン

小麦粉の種類を変えて、いかほどパンの素の味が変わるかとか試していたのですが
専用の粉を使ってもそれほどの違い(価格に見合うほどにはとても)見出せませんでした。

それで、基本安売りの強力粉をもっぱらに使うことにしたのですが、一味違ったものも
ほしいものです。
薄力粉を混ぜると結構面白いことは、わかりました。

これは 強力粉1:薄力粉1 で焼いたものです。
hakurikiB1.jpg

結構しっかりしたものになって、味わいも深いものです。
薄力粉の比率が高くなれば記事の粘りが減って膨らみにくくなります。
その分、二次発酵時間を長い目に見ると良いようです。
上の写真はフランスパンメニューで焼きました。

ところで、米の粉のパンと言うのもあるようで、我が家のHBのメニューにも米粉パンがあります。
ただこれは専用の粉を使うように指定されています。
米粉だけでは膨らまないので、グルテンが添加されていたりするようです。
それも何だかなので、薄力粉からの類推で配合を考えて、上新粉入りを焼いてみました。

これは 強力粉3:上新粉2 の配合です
riceB1.jpg

そこそこに焼けましたが

膨らみ具合は悪いようです。
riceB2.jpg

もっちり、しっかりと言う感じで、なかなか美味しいです。
riceB3.jpg

攪拌羽根がパンに残っています。
今までこんなことは無かったのです。(今まではパンの底を引きちぎってシャフトに羽根が引っ付いていました)
よっぽどクラストがしっかりしているのだと思いますし、事実食感もしっかりしたものでした。

まあこれはこれで、美味いし、上新粉も消費できますから、一つのバリエーションになります。

材料の配合は
マーガリン     10g
砂糖        20g
塩         5g
スキムミルク    10g
水         190cc
強力粉       150g
上新粉       100g
イースト(サフ赤) 3g

HB シーシーピー BKB25 
フランスパンメニュー 焼き色 薄

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村

ホームベーカリーパン作り ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。