扇風機の再構成

もうすぐ梅雨明けのようで、本当に暑くなってきました。我が家ではエアコンは使わないのですが
それでも扇風機には時々お世話になります。
もう相当古い扇風機が2台ありました。一台は「ナショナル」ブランド、今ではパナソニックと呼ばれる会社のもの。
かりにP機とします。もう一台はP機よりは新しいもののそれでも古い三菱電機製品、M機とします。
以前M機の羽根がかけてしまって、仕方ないのでP機を使っていました。
ところがP機のモーターが廻らなくなったのです。古いですからたぶん進相コンデンサの容量抜けだと思います。
修理しようと思ったものの、なぜかモーターのカバーが外れません。なにか開示されていない手口があるようです。

それでむりやり、P機の羽根をM機につけて何とか使えていました。昨シーズンの終わりに収納しかたが不味く
転げ落ちて、首振り部分が破損してしまいました。
fan01.jpg

それでまあ2台を解体して、良いとこ取りをしようというわけです。
この写真は強さ調整スイッチとタイマーの配膳です。ボディに着いているのはP機
右下に部品だけ転がっているのはM機です
fan02.jpg

これはP機の底板の裏に貼ってあった配膳図です。M機ではボディの成型部品に掘り込んでありました。
写真が上手く取れませんでしたが、ほぼ同じ回路です。
fan03.jpg

2枚目の写真でわかるように、古いだけに回路接続は、半田付けです。これ幸いとP機のスイッチ部に
M機のモーターを接続すると無事動作します。

それで何とか形になりました。
左が、何とか使える扇風機、右が余った部品です。欠けた羽も合ったわけですがそれは
去年の時点で処分してしまっていました。
fan04.jpg

P機部品 ボディ、スイッチ類、羽根
M機部品 羽根カバー、モータ

実に首振りの軸の太さが異なっていますから、上手く首振りはできません。
まあ最低限の機能は果たしてくれます。

M機のほうが新しい分だけ成型部品を多用していました。それで壊れてしまったわけです。
それでも今日日の製品と違って、部品を集めて組み立てた、という製品ですので
なんとか良いとこ取りで2台から1台を再構成できました。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード