スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもちゃ病院 アンパンマン鉄琴

おもちゃ病院の「ドクター」なんです。
今月は入院患者が2名、図らずしもどちらもアンパンマンでした。
片方は電池で動く人形で、「骨折」しているので大手術が必要です。
とりあえず簡単な方ということで

鉄琴です、きれいな音が出ません
omocha140701.jpg

音板がスポンジで浮かせてあるのですが、そのスポンジがへたっているようです。
omocha140702.jpg

とりあえず分解します
omocha140703.jpg

単純な構造ですがタッピングネジが12本使ってありました。楽器としての構造強度を考えてでしょうか。

見ての通りスポンジがへしゃげています。
omocha140704.jpg

音板をどのように保持しかつ音響的に自由にするかだと思います。
omocha140705.jpg

スポンジではまたへたるのではと、フェルトなど試してみたのですが、ダンピングが大きいようで
鳴りも鈍いし、残響が全くありません。まあフェルトはピアノなどでもダンパーに使うくらいですから
当然といえば当然です。

結局スポンジを使いました。ただ元より幅を広くしました。
omocha140706.jpg

これで完成。カルテにも処置した内容を書き込みました。
omocha140707.jpg

おもちゃではない鉄琴の音板はこれよりはるかに重いもので、もっとしっかりと保持され重さがある分
ダンピングされにくいのだと思います。でもスポンジでは絶対にへたって来ますよね。
おもちゃだからそれまでなのでしょうが、そもそもおもちゃの耐用年数はどの程度を想定しているのでしょうか。

あと、絶対音感などというものは持ち合わせていないのですが、それでも音がずれているように感じました。
絶対音感を持たせるには3歳頃からの訓練が必要だそうです。この手のことは小さい時が大事だということなのでしょう。
とすると音程のずれたおもちゃはいかがなものかと・・・・
電子おもちゃよりこの手のシンプルなものの方が好ましく思えるのですが、電子おもちゃは音程は狂わないはずです。
鉄板のプレスだけ調律は無しの音程をどうしたものでしょうか。

たかがおもちゃなのですが、見ると色々気になるものです。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。