ヘルメットスピーカ2

 先日の記事に書いたようにヘルメットにスピーカを組み込んだのですが、予想通り効率も音も悪いです。

スピーカを横から見た図と思ってください。
headphone12.jpg
音は前面と裏面両方から出ます。そして前と後ろからは逆相の音が出るので、スピーカ単体のままでは
前からの音と後ろからの音が打ち消しあって、まともに使えません。

そこでこの図のように
headphone13.jpg

スピーカを穴の開いた板に取り付けて前の音と後ろの音を分離するように使います。この板をバッフルとか言います。
ヘッドフォンでは、耳に押し当てているので、鼓膜に届く音は前からの音だけになりますから、バッフルは必要ないのですが、それが、ヘルメットにつけた場合、耳から離れるのでうまく行かないのです。
前後ろの干渉で効率が落ちます。そして低音ほどそれが顕著になるので低音が更に出にくくなるのです。

そこで、型紙を作って、ヘルメットに合わせて、厚紙でバッフルもどきを作ります。
headphone06.jpg

これはミニヘッドフォンの中身です
headphone07.jpg

バッフルに穴を開けてスピーカをホットメルトで固定し
headphone08.jpg

ヘルメットに押し込んで
headphone09.jpg

耳当ての部分を両面テープで接着します。
headphone10.jpg

その結果ですが、まあちょっとはましになったかなと言うところです。
上の写真の通りスピーカユニットが全くおもちゃみたいなものですからやむをえないのかもしれませんし
厚紙のバッフルでは効果が少ないのかもしれません。

どうもこれぐらいの、スピーカユニットを組み込んだらだいぶ「まし」なような気がしますが
headphone11.jpg

まあそれはまたいつかの機会にと言うことで・・・・・・

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード