スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炊飯器をリバースエンジニアリング ちっぷす

炊飯器をばらしていて気がついたのですけど

裏ぶたが汚い(写真左)ので洗っていたのです。まあきれいになりましたけど
riceboiler11.jpg 
強度のためにリブがいっぱい入っていて、内側が細かくパーティションで区切られているのですね。ところがどこのパートにも水が溜まらない。どうも吹きこぼれなんかが落ちてくるので、溜まって汚れにならないようにと、ちゃんと水抜きを考慮しているということなのでしょう。

その水抜き穴の例ですが、リブにまたがって穴があけてあります。
riceboiler12.jpg
流石に洗っただけでは、汚れのつまりは取れずにちょっと突っついたりしましたが

外から見ると、脚でした。
riceboiler13.jpg

全体を見ても色々穴が開いていますが、当然ながらにそれぞれ意味がある穴のようです。
riceboiler14.jpg


↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメントもお待ちしています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。