スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炊飯器の改造準備

過去の二つの記事炊飯器のリバースエンジニアリングちっぷす
と、二つの記事を経てだいぶ見込みが立ちました。

まず、ふたを外してみました
riceboiler21.jpg 

で、蓋への配線は予想通り露付き防止ヒーターでした。400OHMとの表記もあります。
riceboiler22.jpg

とこうしているうちに、温度コントローラが届きました。
riceboiler23.jpg

回路の分析も進んで、結局赤で書いている部分の追加工事だけで、所期の目的が果たせそうだと
見通しが立ちました。既存の配線に仇別れをするだけです。相互の干渉も想定範囲内では問題ありません。
riceboiler25.jpg 

センサーの取り付けは、始めは釜の中に放り込もうかと思っていたのですが、既存のセンサーの横に縛り付けるつもりです。
そこには169℃温度ヒューズがあるわけで、この温度以下が保証できるので安心です。
riceboiler26.jpg

配線の枝分かれも、圧着で済ますことが出来ます。
riceboiler27.jpg

あとちょっとの作業で稼働できます。


↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

コメントもお待ちしています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。