FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラズベリーパイを動かしてみる

 クリスマスツリーのLEDを点滅したりしてみたのですが、単に古典的IC 555 で点滅させただけでした。流石に芸がない。もうちょっと凝った点滅をさせたい、となるとコンピュータ制御ですね。昔は損なの一杯やっていました。当時は、使い慣れたボードと、仕事用の開発システムで、プログラムを開発し・・・・といったことをしていたわけです。

今時自分でボードを起こすことも無いし、開発環境もさぞ、パソコンでできるでしょう。となるとボードコンピュータですよね。今更ながら、ラズベリーパイに挑戦しようと思い立ちました。

使えるものは、ジャンク箱を探って、ディスプレー、キーボード、マウス、電源はあるようです。

それで、ラズベリーパイ本体、マイクロSDカード、HDMI‐VGA変換ケーブル、マイクロUSB電源ケーブルを手配しました。

ここからは「断酒てへ日常」の記事

今朝残りの手配していた部品が届いて早速、セッティングです。
イメージ 1
 まず、必要な部品なんかを集めて、と言ってもジャンク箱を漁ってきただけですが。
イメージ 2
 古いスマホのガードケースを土台にして、とりあえず基板を固定しました。
イメージ 3
 電源を入れたら、あら動くじゃあないの。もちろん、あらかじめソフトはマイクロSDカードに書き込んではあるのですけどね。
イメージ 4
 それで、ネットワークケーブルをつないだらもうインターネットに接続できて、このブログも見れています。
イメージ 5
 いやはや、恐ろしいしい時代になったものですね、ディスプレー、キーボード、マウスを用意しただけで、後8.5㎝×5㎝の基板でコンピュータになってしまうのですからね。今回新しく買ったものは6千円ぐらいです。

ここまで

失敗はHDMI-VGAのつもりがDP-VGAを手配してしまって再手配したこと。5Vアダプタのコネクタが電源コードに合わなくて、不細工な接続になること。(写真はとりあえずスマホの充電アダプタを使っています)

GPIOとの接続はいくらでも余っているIDE接続ケーブルをぶった切って使うことにします。

さてこれからは、プログラムかなあ。Cの場合I/Oライブラリはどうなっているのだろうか。
Pythonの言語仕様は?とか、いろいろ勉強する必要がありますねえ。


↓クリックいただけると励みになります。


コメントもお待ちしています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。