蝿とか蜘蛛とか

前回足高くんの事を書いたのですが、今時の住宅と言うのは本当に密閉性が高くて、蚊ですらめったに入ってこない。蚊帳なんておよそ必要ないです。
で、なぜかこのリビングに蝿が一匹いる。珍しいことだ。
大昔、トイレが汲み取り式だった時代には、そこらじゅう蝿だらけだった。
天井を見れば何十匹も停まってるし、魚屋さんなんか蝿捕り紙をぶんぶん回しているし、まあそこらじゅうハエだらけだったのが、いまや部屋に一匹ハエがいるだけで気になる時代なのですね。

あ、50年以上前の環境の話です。
我が家は50年程前に、自前の浄化槽で、トイレを水洗にしています。

下水が完備されて自前の浄化槽が不要になったのは、20年程度前のことです。


スポンサーサイト

コメント

何時の間にか蝿はいなくなってしまった。
きっと、居候させているハエ捕り蜘蛛がお仕事をしたんだと思う。
「ハエ捕り蜘蛛」って英語だとjumping spidernなんですよね。
垂直の壁を歩いていてもいきなりびゅんとワープする
獲物まで3cmぐらいあっても一っとび、体格の5倍程度は飛びます。
見た目はあんまり可愛くないけど、足高くん同様に可愛がってあげます。
非公開コメント

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード