ネジザウルス

 我が家のガレージのゲートの動きが悪くなっていました。
nejizaurusu01.jpg

動きが重くなって、なおかつギシギシ言います。
さぞかし、リンク機構部分が錆びたりオイル切れだったりしているのだと思います。

ところがそれのアクセスにはこのねじを外さないといけないのです。
nejizaurusu02.jpg

しかしまるで動かない。よっぽど上手にしっかり締めてあるようです。ねじの頭は舐めかけです。これ以上強くやっても舐めきるだけなのが見えています。

そこでこれを買ってきました。
nejizaurusu04.jpg

税込みで2000円はちょっと高いですが、効能書きを信じることにしました。

写真が悪い上にちょっと苦戦しましたがとにかく外れました。
nejizaurusu03.jpg

写真はオイルスプレーをかけてしまった後なのですが、チェーンやスプロケットが乾いて錆びていました。
nejizaurusu05.jpg

結果とってもスムースに動くようになりました。

ちゃんとした工具は割高な気がしますが、ちゃんと機能してくれれば、その一回で元が取れると思います。
後々また使うことがあればそれは儲けと言うものす。
いい加減な工具を買ったり、手持ちの工具で無理して損害を広げることを思えば、
割高でも目的に合った工具を買うのが正しいやり方と思います。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

ディスクグラインダー固定治具

 ディスクグラインダーです。安物ですがこれで十分使えます。プロの耐久性もいらないですしね。
diskG01.jpg

金属の切断や、切削研磨と何かと便利です。
diskG02.jpg

ところで、これも安物の丸鋸ですが
diskG03.jpg

こんな風に固定して、ワークのほうを動かす使い方をすると、工作精度も使い勝手もいいです。
diskG04.jpg

ガイドを固定して、板を切っているところです。
diskG05.jpg

それでグラインダーも固定して使いたいと思うわけです、それでこんなことや
diskG06.jpg

こんなこともしてみましたがいまいち、使い勝手がよくないです。
diskG07.jpg
丸のこに比べて、回転軸に対する平行直角がとりにくいし、唯一固定に使えそうなハンドルの取り付け穴も
M8と大きいし、斜めになっていたりして……

しかし

たまたま100円均一で見つけたL金具がうまく使えそうだったのです。
diskG08.jpg

割としっかり取り付けれています
diskG09.jpg

前方?上?から見た図です。
diskG10.jpg

でっぱり部分は、穴をあけて逃げています。
diskG11.jpg

裏から穴を見れば、そこからスイッチを操作できるという構成です。
diskG12.jpg

思いがけずうまくいったので記事にしました。
ワークのガイドなんかはベースの板にさらに追加できるでしょう。(やるかどうかはわかりません :P)

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

ドライバーに一工夫

 おもちゃの修理をしていると、色々ありまして

ここに3本のドライバーを並べました
driver01.jpg

どれも100均で購入したものです。上2つが#0 下が#1です

この、操作ボックスのネジをはずして開けようと思うわけですが
driver02.jpg

#1では、太すぎで穴の底のネジに届きません
driver03.jpg

でもネジは#1にしっくり来ます。3mmのタッピングですね。
driver04.jpg

#0のドライバーだと穴に入ります
driver05.jpg

しかし、ねじにしっかり掛かりません
driver06.jpg

これは細いですが、しっくり食いつきます
driver07.jpg

この写真で解るように、しっかり食いつくドライバーは先端を削ってあるのです
driver09.jpg

ネジの頭に合わないドライバーを使うと舐めて(ドライバーが掛かる部分を変形させる)しまって、廻せなくなりにっちもさっちもいかなくなります。

100均だと思うと、気軽に改造できます。まあほんのちょっと削っただけですが、満足できる結果となりました。

実は前月持ち込まれたおもちゃで、これはお風呂のおもちゃだったのでネジが錆びていたようですが結局ネジをはずすことができず、修理できなかったことがあっての今回試した結果です。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

帯鋸の歯

最近記事が書けていません。

以前帯鋸の歯の一部を切ったものをを貰いました。(刃物屋さんから)
obinoko01.jpg

上が、それです。下の左はその時同時に貰ったもので、その刃物屋さんが、加工してナイフを作ってくれたものです。
私もこの素材を使って何かしたいものだと思っていました。

それで少しずつ切り出して作ったのがこれです。
obinoko02.jpg

左はちょっとした冶具です。真ん中はあまり意味がありませんが両刃のナイフのかけらもどきです。右は、刃の一部の形状を利用した、包装破りです。

刃物の材料なので、あとの二つができたわけですが、役に立ちそうなのが、左の冶具です。

こんな使いかたです。
obinoko03.jpg

軸に圧入されたギアなどをはずす時に使います。

こんな風に、セットして先をつぶした釘とかで押し出します。
obinoko06.jpg

本当は、ちゃんとしたギアはずし工具に纏めればよさそうですが、プラスチックのギアぐらいはこれで十分です。

釘とか、組み立てるときのちょっとした細工のための針金とかのセットです。
obinoko04.jpg

ばらした「プラレール」の駆動部です。これのピニオンギアを交換したりして組み立てるときに役立ちます。
obinoko05.jpg

おもちゃ病院の医者をやっているのですが、こんな工夫が楽しいのです。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

ファンヒーターの手入れ

記事にするのが遅くなってしまいました。
今年は、春になっても寒い日が時々あって、暖房器具を仕舞うのが遅くなったのですが、ようやく片付けようとしたのです。
もういい加減長い間使っている器具ですが、最近点火のときに時々、エラーになることがありました。
点火用の放電電極か、炎見地電極が汚れているとか、そんなことではないかと思っていました。
といって分解するのも面倒だし、再点火すればそのまま使えるので、放ってあったのです。

中の構造も見てみたいし、片付ける前にと、分解してみました。

これです
fanheater01.jpg

今は無きSANYOの製品です。最近はこの手の製品は、電機メーカーでは作っていないようですね。

タッピングネジをはずして、ばらしてゆきます。
fanheater03.jpg

風が通るところにはほこりがついています。

燃焼部にたどり着いて、電極を見ると
fanheater04.jpg

予想に反して、非常にきれいですね。じゃああのエラーはなんだろうか?

仕方が無いので、再組み立てします。でもファンの部分が大層汚れていますね。
fanheater05.jpg

灯油を焚いた空気を室内で再循環しているので、脂成分が多いのでしょうか。
排水パイプ洗浄剤を振りかけてしばらく置いてから、タワシでこすって洗います。

何とかきれいになったので再組み立てしました。
fanheater06.jpg

組み立てではさほど苦労しなかったのですが、一箇所だけ、
ファンモータへの配線が、ファンと干渉します。クランプが外からネジ止めしてあった所以ですね。
fanheater07.jpg

作業完了です。一番上の写真と幾らも変わったところはありませんが、機内の埃などはきれいに掃除しました。
fanheater08.jpg

これで押入れに仕舞いこみます。来シーズンも機嫌よく働いて欲しいものです。

↓クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
DIYbanner.gif
手作り・DIY ブログランキングへ


コメントもお待ちしています。

プロフィール

cawcbwccw

Author:cawcbwccw
無職、妻と子供3人は別居中
燻製とか、日曜大工とかが趣味です。断酒しているので自家醸造とかは封印されてしまいました。
もと電子技術者

最新トラックバック

来訪者

あなたは
人目の訪問者です

アクセスランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード